ジンジャー・ビューモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジンジャー・ビューモン
Ginger Beaumont
Ginger beumont.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 Flag of the United States.svgウィスコンシン州ロチェスター
生年月日 1876年7月23日
没年月日 1956年4月10日(満79歳没)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
初出場 1899年4月21日
最終出場 1910年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジンジャー・ビューモン(Clarence Howeth "Ginger" Beaumont、 1876年7月23日 - 1956年4月10日)は、1900年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは外野手ウィスコンシン州ロチェスター生まれ。右投げ左打ち。ニックネームの"Ginger"(ジンジャー)は『赤毛』の意味。1901年からのパイレーツのリーグ3連覇の頃のリードオフマンで、1902年に首位打者となった。

球歴[編集]

ベロア大学を卒業後、1899年にピッツバーグ・パイレーツに入団する。1年目から持ち前の俊足を発揮し、111試合に出場して.352の打率を記録する。ビューモンは長打は少ないものの足でヒットを稼ぐタイプで、1899年7月22日の試合では内野安打ばかり6安打で6得点を記録したそうである。1906年までパイレーツのリードオフマンをつとめ、パイレーツがナショナルリーグを3連覇する1901年から1903年にかけては、3年続けて打率.330以上、180安打以上、100得点以上という成績を挙げた。この間、1902年には.357でナショナルリーグの首位打者を獲得、また1902年から1904年には3年続けてのリーグ最多安打、1903年にはリーグ最多得点を記録した。

1906年以降は度重なる足の怪我に悩まされるようになる。同年は80試合に出場したのみで、オフにエド・アッバティッチオとのトレードでボストン・ダブスに移籍した。1907年はフルシーズン復活し自身4度目となるリーグ最多安打と、.322の打率を残す活躍をしたが、以後目立った活躍ができず1910年にシカゴ・カブスに移籍。この年のワールドシリーズにも出場したが、3度の代打のみの出場に終わった。

1911年に1年マイナーリーグで活動した後引退し、その後は故郷ウィスコンシンのハニークリークで農場を経営していた。1951年に、この年創設されたウィスコンシン州スポーツ殿堂の最初の殿堂入り表彰者の一人となったが、ほどなく脳出血で倒れた後、1956年に79歳で死去した。後年、故郷ウィスコンシン州のバーリントンの野球場に、彼にちなんだ名前がつけられた。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1463 5660 1759 182 82 39 955 617 254 14* 425 30 166 .311 .362 .393

獲得タイトル・記録[編集]

  • 首位打者:1回(1902年)
  • 最多安打:4回(1902-1904,1907年)
  • 最多得点:1回(1903年)
  • ワールドシリーズ出場:2回(1903,1910年)
  • 3年連続リーグ最多安打(1902-1904年)をメジャーリーグ史上初めて達成した。

出典・外部リンク[編集]

先代:
ジェシー・バーケット
ナ・リーグ首位打者
1902年
次代:
ホーナス・ワグナー