シンシナティ・レッズ (1876-1880年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ここではナショナルリーグ創設時の1876年にリーグに加盟し、1880年まで活動していたシンシナティ・レッズ(Cincinnati Reds)について述べる。

球団史[編集]

アメリカ合衆国で最初のプロ野球チームだったシンシナティ・レッドストッキングスは、所属選手の年俸負担により1870年にプロ球団としての活動を止め、翌年創設されたプロ野球リーグナショナル・アソシエーションには、オハイオ州シンシナティを本拠地とする球団は参加しなかった。1876年にナショナルリーグが創設される際、当時シンシナティで食肉加工業で財をなしていたジョサイア・L・ケックという人物が、かつてのレッドストッキングスの成功にならい、プロ球団「レッズ」を創設してリーグに加わった。ケックの食肉加工工場の近くに、新たにアベニュー・グラウンズという球場も建設された。

レッズは、以前レッドストッキングスのメンバーだったチャーリー・グールドやチャーリー・スウィージーなどを呼び寄せたりしたが、リーグ加盟初年は9勝56敗と最下位の成績に終わり、2年目も成績は低迷する。チームは1877年シーズン中の6月19日に一度破綻し、新たなオーナーとなったJ・ウェイン・ネフのもとで再編されることになった。

1878年にはキング・ケリーが加入、先発のウィル・ホワイトが30勝利以上を挙げる活躍をしリーグ2位まで躍進した。しかし好成績は長続きせず、1879年には優勝争いから脱落、チームは1万ドル以上の損失を抱えて財政面の危機を迎えた。オーナーのネフは、この年を最後にナショナルリーグからの脱退を表明していたが、同年10月に、シンシナティのセミプロ球団の所有者だったジャスタス・ソーナーがチームを買い取り、チームは翌年もナショナルリーグに所属することになる。

5年目の1880年には21勝59敗と再び最下位に転落する。ソーナーはシーズン中に、チームの内紛から既にレッズの経営を外れてしまっていた。この年レッズはリーグの規則に違反して球場でビールを販売し、日曜日のグラウンド閉鎖を拒否したため、ナショナルリーグから除名され、チームは消滅した。球団のフランチャイズ権はデトロイトに買い取られ、翌1881年からデトロイト・ウルバリンズがリーグに加盟することとなった。

その後1882年に、上記のソーナーがシンシナティでチームを編成しなおし、この年創設されたアメリカン・アソシエーションに加盟した。これが現在まで続くシンシナティ・レッズである。

戦績[編集]

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1876年 NL 60 9 56 .138 8位 チャーリー・グールド Avenue Grounds
1877年 60 15 42 .263 6位 リップ・パイク
ボブ・アディ
ジャック・マニング
1878年 60 37 23 .617 2位 カル・マクヴィー
1879年 80 43 37 .537 5位 ディーコン・ホワイト
カル・マクヴィー
1880年 80 21 59 .263 8位 ジョン・クラップ Bank Street Grounds

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

  • 通算安打数:233(ディーコン・ホワイト)
  • 通算本塁打:9(チャーリー・ジョーンズ)
  • 通算打点数:113(チャーリー・ジョーンズ)
  • 通算盗塁数:199(ディーコン・ホワイト)
  • 通算勝利数:91(ウィル・ホワイト)
  • 通算奪三振:562(ウィル・ホワイト)

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]