バッファロー・バイソンズ (1879-1885年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ここでは、1879年から1885年にかけて、ニューヨーク州バッファローを本拠地として、ナショナルリーグに加盟していたバッファロー・バイソンズBuffalo Bisons)について記述する。

球団史[編集]

1877年にプロの球団として創設され、当初は独立系のチームとして活動していた。1878年に当時のプロ野球リーグであったインターナショナル・アソシエーションに参加した後、1879年に、ナショナルリーグに参加した。当初のロースターはわずか12人だったが、主力投手は後にアメリカ野球殿堂入りしたパッド・ガルヴィンだった。ガルヴィンはこの年66試合に登板して37勝を挙げ、加盟1年目でチームはリーグ3位の成績を収めた。

1880年は加入選手の数を増やしたが逆にチームの成績は低迷してしまう。この中には後にシーズン59勝の記録を作るチャールズ・ラドボーンも在籍していたが、当時野手だったラドボーンはわずか6試合出場しただけで放出されてしまった。なお同年8月20日には、ガルヴィンがウースター・ルビーレッグスを相手に無安打試合を達成している。この年成績不振から財政が不安定になってしまうが、チームは新たに資本を注入され破綻を免れた。

1881年、バイソンズは監督兼任選手としてジム・オルークを招聘、ダン・ブローザース、デビー・フォース、ディーコン・ホワイトらを加入させるなど大きな補強を行った。ブローザースはこの年リーグ最多の8本の本塁打を放つなど期待に応え、チームもこの年と翌年に再びリーグ3位まで躍進した。なお1882年には、ブローザースがリーグ首位打者となり、またこの年ボストンから加入したカリー・フォリーが、5月25日の試合で満塁ホームランを含むサイクル安打を達成している。

ガルヴィンは続く1883年1884年の2年続けて46勝を挙げるという記録を作り、また打の中心だったブローザースは1883年に2年連続の首位打者となるなど、チームを牽引した。チームはより多くの観客を動員するために、新しい球場「オリンピック・パーク」の建設に着手、1884年から本拠地とするなどしたが、選手の高い年俸の負担は依然として重かったようである。監督を兼任していたジム・オルークは、1884年を最後にチームを離れ、ニューヨーク・ゴサムズに移っていった。

1885年、球団はこの年調子の上がらなかったガルヴィンを、シーズン途中でついにピッツバーグ・パイレーツに放出する。しかしこれを境にチームの投手力は一気に弱体化し、この年の勝率は3割台と低迷してしまった。経営的に行き詰ったバイソンズは、この年の9月に主力選手をデトロイト・ウルバリンズに放出し、ナショナルリーグから脱退した。ナショナルリーグでの最後の試合の観客はわずか12人だったそうである。翌1886年、バイソンズはマイナーリーグのインターナショナルリーグに参加する。なおこの年、バイソンズには後にアメリカ野球殿堂入りするアフリカ系アメリカ人選手、フランク・グラントが加入し、1888年までプレーした。バイソンズは1970年までバッファローにいたが、その後マニトバ州ウィニペグに本拠地を移している。

戦績[編集]

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1879年 NL 79 46 32 .590 3位 ジョン・クラップ Riverside Park
1880年 85 24 58 .293 7位 サム・クレーン
1881年 83 45 38 .542 3位 ジム・オルーク
1882年 84 45 39 .536 3位 ジム・オルーク
1883年 98 52 45 .536 5位 ジム・オルーク
1884年 115 64 47 .577 3位 ジム・オルーク Olympic Park
1885年 113 38 74 .339 7位 パッド・ガルヴィン
ジャック・チャップマン

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

  • 通算安打数: 772(ハーディー・リチャードソン)
  • 通算本塁打: 38(ダン・ブローザース)
  • 通算打点数: 343(ダン・ブローザース)
  • 通算勝利数: 218(パッド・ガルヴィン)
  • 通算奪三振: 1303(パッド・ガルヴィン)

出典・外部リンク[編集]