ジャッド・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャッド・ウィルソン
Jud Wilson
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 バージニア州レミントン
生年月日 1899年2月28日
没年月日 1963年6月24日(満64歳没)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • ボルチモア・ブラックソックス(1922-1930年)
  • ホームステッド・グレイズ(1931-1932,1940-1945年)
  • ピッツバーグ・クロフォーズ(1932年)
  • フィラデルフィア・スターズ(1933-1939年)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2006年
選出方法 ニグロリーグ特別委員会による選出

ジャッド・ウィルソン(Ernest Judson "Jud" Wilson, 1899年2月28日[1] - 1963年6月24日)は、1920~1940年代にアメリカ合衆国ニグロリーグで活躍していた野球選手。主なポジションは三塁手バージニア州レミントン生まれ。右投げ左打ち。ニックネームの"Boojum"(ブージャム)は、彼の放ったライナーが外野フェンスにぶつかる音に由来するという。

来歴・人物[編集]

第一次世界大戦から帰還した1920年に、ボルチモア・ブラックソックスに入団して野球を始める。1923年のシーズンは打率.373を記録してリーグの首位打者となったのを初めとして、1927年には打率.408(首位打者)、1929年にはリーグ最多盗塁、また1930年には打率.372とリーグ最多の二塁打を記録するなど、ボルチモアの主力選手として活躍した。また1925年から1929年のシーズンオフにはキューバのウィンターリーグにも参加し、2度の4割超えを含む通算打率.372という記録も残している。

その後ホームステッド・グレイズやピッツバーグ・クロフォーズなどに在籍し、1933年からはフィラデルフィア・スターズに加わった。当時の選手兼任監督だったウェブスター・マクドナルドは、激しい闘争心の持ち主だったウィルソンをチームのキャプテンに任命した。この策は功を奏したのか、翌1934年にウィルソンは打率.412を打ちチームをリーグ制覇に導く。当時ジョシュ・ギブソンは自分より優れた打者はウィルソンだと言い、またサチェル・ペイジは、『対戦した中で最もアウトの取りにくい打者は彼とチノ・スミス』だと語っていたそうである。

1940年にホームステッド・グレイズに移籍。1945年に50歳を過ぎて引退するまでの6年間、グレイズはリーグを制覇し続けた。ウィルソン自身もグレイズ在籍時にはニグロ・ワールドシリーズに3度出場している。1963年にワシントンD.C.で死去。2006年ニグロリーグ特別委員会によりアメリカ野球殿堂入り。


記録・表彰等[編集]

  • ニグロリーグでの通算打率:.345
  • メジャーリーグとの対戦成績:通算打率.356

脚注[編集]

  1. ^ 生年はNLBPA他の表記に沿った。

出典・外部リンク[編集]