パイ・トレイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パイ・トレイナー
Pie Traynor
PieTraynorGoudeycard.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州
生年月日 1899年11月11日
没年月日 1972年3月16日(満72歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
初出場 1920年9月15日
最終出場 1937年8月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1948年
得票率 76.86%
選出方法 全米野球担当記者協会選出

パイ・トレイナーHarold Joseph "Pie" Traynor, 1899年11月11日 - 1972年3月16日)は、1920年代 - 1930年代のアメリカメジャーリーグで活躍した選手。主なポジションは三塁手マサチューセッツ州生まれ。右投げ右打ち。お菓子などの「パイ」に目がなかったことから、それがそのままニックネームになった。

略歴[編集]

1920年にパイレーツでデビュー。1923年には安打数208、打率.338、打点101の活躍を見せる。またリーグ最多となる三塁打19本を放った。1925年にパイレーツはナショナルリーグで優勝、ワールドシリーズでトレイナーは26打数9安打 (.346)、2本の三塁打と4打点を挙げチームのシリーズ制覇にも貢献した。2年後の1927年ポール・ウェイナーロイド・ウェイナーらとともに2度目のリーグ制覇を果たす。この年及び翌1928年は犠打数がリーグ最多で、自身100打点以上挙げながら繋ぎ役もこなしていた。

現役選手としての実働は1920年から1934年までで、その間に打率3割を10度、100打点を7度記録している。また非常に三振の少ない打者で、現役中1試合3三振を喫したことが一度もない。通算でも7500打数以上で、三振はわずか278である。

1948年アメリカ野球殿堂入り選手に選出された。三塁手の記者投票選出は彼が初めてだった。その後はパイレーツのフロントに入り、同チームのスカウトとして活動した。1972年ピッツバーグで死去。同年、生前のトレイナーの功績を称え、彼の背番号20』は、パイレーツの永久欠番に指定された。

所属球団[編集]

通算成績[編集]

打撃成績[編集]



























出塁率 長打率 O
P
S
1941 7559 2416 371 164 58 1183 1273 158 278 472 31 .320 .362 .435 .797

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]

エピソード[編集]

  • 1934年のオールスターゲームでは、本塁盗塁を成功させた。オールスターゲームでの本塁盗塁はこのほかに例がない。
  • 健康を損なうという理由から、当時普及しはじめていた自動車の運転を嫌っていたという。

出典・外部リンク[編集]