エクスパンション・ドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エクスパンション・ドラフト(expansion draft)または拡張ドラフトとは、プロスポーツにおいて、エクスパンションが行われた場合、新規参入チームにおける戦力確保のために行う既存チーム所属選手の分配システムである。「ドラフト」と付くものの、いわゆるドラフト会議(新人選択会議)とは異なる。

日本でのドラフト[編集]

日本では、bjリーグ四国アイランドリーグplusで、チーム数増加に伴い行われている。

bjリーグ[編集]

  • まず、既存球団はプロテクトする選手を選定し、リストを提出する。
    • 外国人選手(外国籍かつ外国在住者)、アーリーエントリー適用選手及びFA権を行使する選手はエクスパンション・ドラフトの対象外であり、プロテクトも不可。
    • プロテクトされた選手については、所属球団とA契約を結ばなければならない(トレードによる仮保有権の譲渡は可)。また、基準値(2006年は共通で3名。2007年以降はプレイオフ出場回数に応じて決められる。)を超えてプロテクトした球団は、ドラフト会議において超過した人数分指名巡が後になる。2012年からはドラフトの制度が変更されたのに伴い、各球団ともプロテクトは3名までとなった。
  • 次に、ドラフト会議と合わせてエクスパンション・ドラフトが行われ、新規参入球団がプロテクトされなかった対象選手から指名する。指名順は抽選で決定する。2012年からは各球団の指名は3名までとなった。
  • 新規参入球団に指名されなかった選手については、元の球団が1週間以内に仮保有権を保持するかどうかを判断し、リストとして提出。保持されない場合は他球団との交渉が可能になる。
  • 既存球団の解散・休止・他連盟転籍があった場合、当該球団の選手は当初エクスパンション・ドラフトの対象となっていたが、2013年からはFA扱いとなるため除外。

2006年[編集]

2006年富山グラウジーズ高松ファイブアローズの2球団が加盟したが、両球団ともエクスパンション・ドラフトでは1人も指名しなかった。

なお、エクスパンション・ドラフトではないものの、大阪エヴェッサのプロテクトから外れた竹田智史が高松に移籍した。

2007年[編集]

2007年はライジング福岡琉球ゴールデンキングス(以下沖縄)の2球団が加盟。福岡は高松のディアン・ティエルノ・セイデゥ・ヌロ(契約には至らず)と富山の陰承民を指名。沖縄は1人も指名しなかった。

福岡はさらに母体クラブである福岡BBボーイズの川面剛とプロテクト契約を交わした。

2008年[編集]

2008年は浜松・東三河フェニックス滋賀レイクスターズの2球団が加盟。JBLから転籍した浜松はエクスパンション・ドラフトでは1人も指名せず6人をプロテクト。滋賀は新潟アルビレックスBB藤原隆充、大阪の佐藤浩貴、富山の小川伸也を指名した。

2009年[編集]

2009年は京都ハンナリーズ1球団のみ加盟。沖縄の澤岻直人東京アパッチ岩佐潤を指名した。

2010年[編集]

2010年は秋田ノーザンハピネッツ島根スサノオマジック宮崎シャイニングサンズの3球団が加盟。秋田は大阪の仲西淳と新潟の水町亮介、島根は東京アパッチ仲西翔自、宮崎は滋賀の小島佑太を指名。

2011年[編集]

2011年は岩手ビッグブルズ千葉ジェッツ横浜ビー・コルセアーズ信州ブレイブウォリアーズ(以下長野)の4球団が加盟。岩手は東京の板倉令奈、千葉は大分ヒートデビルズ佐藤博紀と東京の田中健介、長野は新潟の齋藤崇人をそれぞれ指名。横浜は一人も指名しなかった。

2012年[編集]

2012年は群馬クレインサンダーズ東京サンレーヴスの2球団が加盟。群馬は浜松の友利健哉と高松の堤啓士朗、東京は宮崎の伊藤拓郎、大阪の高田紘久、富山の加藤真をそれぞれ指名した。

2013年[編集]

2013年は青森ワッツバンビシャス奈良の2球団が加盟。青森は仙台の高岡大輔と岩手の澤口誠、奈良は埼玉の山城拓馬と滋賀の本多純平をそれぞれ指名した。

アメリカでのドラフト[編集]

MLB[編集]

NBA[編集]

NFL[編集]


NHL[編集]

MLS[編集]

関連語句[編集]