孫敏漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソン・ミンハン
各種表記
ハングル 손민한
漢字 孫敏漢
発音: ソン・ミンハン
ソン・ミナン
ローマ字 Son Min-han
本人表記: Son, Min Han
テンプレートを表示
オリンピック
男子 野球
2000 野球
孫 敏漢
NCダイノス #61
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 釜山直轄市
生年月日 1975年1月2日(39歳)
身長
体重
179 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 1次ドラフト
初出場 1997年4月12日
年俸 1億ウォン(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗大韓民国
五輪 1996年2000年
WBC 2006年2009年

孫 敏漢(ソン・ミンハン、 1975年1月2日 - )は、韓国プロ野球選手投手)。大韓民国出身。

来歴・人物[編集]

高麗大学卒業後、地域優先ドラフトでロッテ・ジャイアンツに入団。

指名の際、ロッテは孫の釜山高校の同期で、大学時代までバッテリーとして一緒にプレイしてきた捕手・陳甲龍(チン・カブヨン)との間で選択に迷っていたが、投手である彼を指名した。このため、陳はウェーバー方式で行われる2次ドラフトでOBベアーズに指名された。

入団当初は同期入団した文東煥(ムン・ドンファン)とともに、将来投手陣を支えるエース候補として期待された。しかし、入団して3年間は故障でこれと言った活躍はできず、4年目の2000年に12勝を挙げてようやく期待に応えた。この年、シドニーオリンピックの韓国代表に選ばれ、銅メダルを獲得。兵役を免除される。

翌年の2001年は15勝で最多勝のタイトルを獲得。しかし、その後3年間はまた不振に陥り、一桁勝利に止まる。しかし、2005年は復活して最多勝と最優秀防御率の2冠に輝き、MVPを受賞。2006 ワールド・ベースボール・クラシック‎韓国代表にも選ばれ、アメリカ戦で先発し好投し勝ち投手になった。

その後はロッテのエースとして、チームの投手陣を支える大黒柱の役割を果たした。2007年まで低迷するチームを一人で支えた姿は、往年のエースである崔東原(チェ・ドンウォン)や尹学吉(ユン・ハッキル)を連想させた。

2008年から韓国プロ野球選手会会長となり、プロ野球選手労働組合の設立に奔走。シーズン後、フリーエージェントの権利を獲得して行使した。日本プロ野球への進出もささやかれたが、元所属チームのロッテ・ジャイアンツに残留し、年俸7億ウォンと球界最高年俸選手の1人となった。 2009年ワールド・ベースボール・クラシックの代表に選ばれ、投手陣の最年長としてキャプテンを務め、チームをまとめる役割を果たした。しかし、個人的には調子が上がらず練習試合などで不振を極めたため、韓国代表が準優勝の成果をあげる中で、1度も登板できずに終わった。さらにプロ野球のレギュラーシーズンでも6月にようやっと1軍初登板を果たすなど、この時の不調は後まで長く尾を引き、この年は通算100勝を達成したが6勝どまりで5年ぶりに2ケタ勝利を達成できず、10月にはアメリカで肩の手術も受けた。2010年は術後のリハビリもあって、2軍戦で1試合登板したのみで1軍登板は1試合もなかった。結局肩の故障が癒えず、2011年2年連続で1軍登板がなかったため、オフに自由契約となった。

また2011年限りでプロ野球選手会会長を退任したが、その前から当時の選手会事務総長とともに、不正取引などで巨額の損失を選手会に与えたとして背任罪疑惑がかけられるようになり、2012年1月朴栽弘を中心とする選手会の新執行部から告訴される事態となった。その後嫌疑は晴らされ、2012年は無所属のままシーズンを終えた。2013年1月25日、当時選手会会長の朴栽弘の現役引退記者会見に呼ばれ、過去の嫌疑についてマスコミの前で謝罪した。同年4月15日、以前から入団を検討していたNCダイノスと申告選手(1軍の試合に出場できない選手)として契約した。その後正式契約を結び、6月5日SKワイバーンズ戦で3年9ヶ月ぶりの1軍登板を果たし、勝利投手にもなった。

投球スタイル[編集]

制球力を武器に最速149km/h、平均140km/h台半ばの速球と多彩な変化球を低めに集める技巧派投手。また、韓国投手としては珍しくフォークを武器にしている。

打球判断も素早く、大抵のピッチャー返しは浮き球もゴロも関係なしにほとんど自分でカバーする優れた守備能力を併せ持っている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]


































W
H
I
P
1997 ロッテ 9 1 3 4.80 1 30    23 17 16 2 21 17 5.10 1.47
1998 一軍出場なし
1999 10 0 0 5.59 1 19.1 19 13 12 2 9 9 4.24 1.47
2000 28 12 7 3.20 0 174.1 153 68 62 16 61 117 6.05 1.31
2001 29 15 6 4.21 0 173.1 184 89 81 18 73 110 5.72 1.48
2002 23 4 9 3.67 0 142.1 144 68 58 19 34 82 5.19 1.25
2003 18 3 11 4.86 0 109.1 115 67 59 17 43 54 4.45 1.45
2004 42 9 2 2.73 8 108.2 90 36 33 8 31 88 7.32 1.12
2005 28 18 7 2.46 1 168.1 149 54 46 9 40 105 5.62 1.12
2006 25 10 8 2.78 1 161.2 147 54 50 4 48 96 5.36 1.21
2007 30 13 10 3.34 0 194    191 74 72 17 50 95 4.41 1.24
2008 26 12 4 2.97 0 179    183 66 59 12 41 80 4.02 1.25
2009 14 6 5 5.19 0 69.1 87 41 40 3 32 20 2.60 1.66
2010 一軍出場なし
2011
2013 NC 28 5 6 3.43 9 60.1 24 23 4 2 30 22 3.28 1.31
通算:16年 310 108 78 3.46 21 1590 1541 671 611 131 507 895 5.06 1.26
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 最多勝:2回(2001年、2005年)
  • 最高勝率:1回(2001年)
  • 最優秀防御率:1回(2005年)

表彰[編集]

  • MVP:1回(2005年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]