斗山ベアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
斗山ベアーズ
各種表記
ハングル 두산 베어스
漢字 斗山 베어스
発音 トゥサン・ペオス
英語 Doosan Bears
テンプレートを表示
斗山ベアーズ
創設年度 1982年
ロゴデザイン
Doosan Bears insignia.svg
所属リーグ
韓国野球委員会
歴代チーム名
  • OBベアーズ(1982年 - 1998年)
  • 斗山ベアーズ(1999年 - )
本拠地
蚕室球場
Jamsil Baseball Stadium.jpg
収容人員 30,500人
縁故地 ソウル特別市
フランチャイズの遍歴
永久欠番
21・54
獲得タイトル
韓国チャンピオン(3回)
1982・1995・2001
成績(タイトル以外)
韓国シリーズ出場(8回)(太字は勝利した年)
3勝5敗
19821995・2000・2001・2005・2007・2008・2013
プレーオフ(12回)(太字は勝利した年)
6勝6敗
1986・1987・1999・20002001・2004・200520072008・2009・2010・2013
準プレーオフ(8回)(太字は勝利した年)
5勝3敗
1993・1998・2001200420092010・2012・2013
Aクラス(16回)
1982・1984・1993・1995・1998-2001・2004-2005・2007-2010・2012-2013
Bクラス(17回)
1983・1985-1992・1994・1996-1997・2002-2003・2006・2011・2014
球団組織
運営母体 斗山
監督 石山一秀(韓国名:宋一秀(ソン・イルス))

斗山ベアーズ(トゥサン・ベアーズ、Doosan Bears)は、大韓民国のプロ野球チーム。韓国プロ野球発足時の1982年から存在するチーム。

縁故地(ホームタウン)は当初は大田広域市にあったが、1986年に新参画したビンクレ・イーグルスが同市を本拠とした関係上、それ以後はソウル特別市を縁故地にする。本拠地は同市内の蚕室球場

チーム概要[編集]

親会社の斗山は韓国の財閥のひとつで、ソウル・東大門にある総合ファッションモールの通称である「DOOTA」の管理・運営も手がけている。日本では韓国焼酎の「鏡月GREEN」の製造元としても有名であったが、2009年1月に斗山の酒類事業を韓国ロッテに売却し現在は「ロッテ酒類」となっている。(日本国内での販売元はサントリー)。KBOの初代チャンピオンチームでもある。

ハンドボール部門もあり、同じく「斗山ベアーズ」のチーム名でハンドボール韓国リーグに参加している。

2005年からマシュー・ランデル(元読売ジャイアンツ)が在籍。かつては入来智(元読売ジャイアンツ)やタイロン・ウッズ(元横浜ベイスターズ中日ドラゴンズ)も在籍していた。

2001年は金寅植監督に率いられ韓国シリーズ制覇。その後2002年5位、2003年は7位と低迷。2004年はゲーリー・ラス(2005年東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍)の最多勝をとる活躍などで優勝争いに残り、結局公式戦3位で準プレーオフを勝ち抜きプレーオフに進出したが、三星ライオンズに敗れた。

2005年は三星ライオンズSKワイバーンズと激しい首位争いを繰り広げ、公式戦2位でプレーオフに進出しハンファを破り三星との韓国シリーズに臨んだが、4連敗を喫してしまった。2006年は終盤起亜タイガースとの激しい4位争いに敗れ、5位に終わったが、観客動員数は増加し、同じ蚕室球場を本拠地としているLGツインズが長く保ってきた1位の座を奪った。2007年は観客動員数1位の座をLGに奪い返されたが、上位争いを続け公式戦2位でプレーオフ進出し、韓国シリーズにも進出したが、SKワイバーンズに敗れた。2008年は2年連続の公式戦2位となり、プレーオフでは三星ライオンズに勝利し韓国シリーズに進出したが、2年連続でSKワイバーンズに敗れる屈辱を味わった。

2009年はかつてないプロ野球人気の波に乗り、球団史上初めて観客動員数が100万人を突破した。公式戦では3位となり、ポストシーズンは準プレーオフから出場し、ロッテに勝ちプレーオフに進出したが、ポストシーズンで3年連続の対戦となったSKの前にプレーオフでまたも敗れ去った。2010年も公式戦は2年連続3位で、準プレーオフではロッテ相手に第1,2戦と敗れたが、第3戦以降3連勝して4年連続プレーオフ進出を決めた。プレーオフでは三星ライオンズに2勝3敗で敗れた。

2004年から斗山を率いた金卿文(キム・ギョンムン)監督は、2007年3月に北京五輪・野球韓国代表監督に選任され、同国史上初めての五輪野球金メダル獲得に成功した。だが2011年6月、成績不振によりシーズン途中で監督を辞任し、金光洙コーチが監督代行に就任した。同年は5位に終わり、5年ぶりにポストシーズン進出に失敗した。2011年オフ、1軍バッテリーコーチだった金鎮旭が監督に就任し、ヘッドコーチには西武の元監督で野球評論家の伊東勤が就任した(2012年限りで退任)。2012年は公式戦3位で2年ぶりにポストシーズンへ進出し、準プレーオフでロッテに敗れた。2013年は公式戦4位で2年連続ポストシーズン・準プレーオフへ出場、ネクセンに勝利しプレーオフへ、そしてLGツインズをやぶり韓国シリーズへ進出したが、三星ライオンズに敗れた。同年11月金鎮旭監督が解任され、在日韓国人の石山一秀(韓国名:宋一秀、ソン・イルス)が監督に就任した。2014年は公式戦5位で3年ぶりにポストシーズン進出に失敗した。

春季キャンプは、1991年からほぼ毎年、日本・大分県津久見市総合運動公園で実施されてきたが、2000年代後半から宮崎県西都市西都原運動公園野球場も利用するようになり、2010年以降の春季キャンプでは津久見市を訪れていない。2012年はアメリカ・アリゾナ州ピオリア鹿児島県姶良市で春季キャンプを実施した。2013-2014年の春季キャンプ地は西都原運動公園、清武総合運動公園(宮崎市)である。

チーム略歴[編集]

主な在籍選手[編集]

投手[編集]


捕手[編集]

内野手[編集]



外野手[編集]


主な退団・引退選手[編集]

外部リンク[編集]