大田ハンバッ運動場野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大田ハンバッ運動場野球場
대전한밭운동장야구장
Daejeon Hanbat Baseball Stadium.jpg
施設データ
所在地 大田広域市中区芙沙洞177
座標 北緯36度19分1秒
東経127度25分46秒
座標: 北緯36度19分1秒 東経127度25分46秒
開場 1965年
所有者 大田広域市
グラウンド 人工芝
使用チーム • 開催試合
OBベアーズ(1982年〜1984年)
ピングレ・イーグルス / ハンファ・イーグルス(1986年〜)
収容能力
13,000人
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 99 m (約324.8 ft)
中堅 - 121 m (約397.0 ft)
フェンス 1.5 m (約4.9 ft)
2011年冬から2012年春にかけて行われた大規模な改修工事の様子

大田ハンバッ運動場野球場(てじょんはんばっうんどうじょうやきゅうじょう、대전한밭운동장야구장)は、韓国大田広域市にある野球場韓国プロ野球ハンファ・イーグルスが本拠地とする。

1965年に完成、韓国プロ野球初年度の1982年から3年間はOBベアーズ(現:斗山ベアーズ)の本拠地として使用された。1985年にOBはソウルへ移転したが、1986年から1軍リーグに新規参入したビングレ・イーグルス(現:ハンファ・イーグルス)の本拠地となった。

何度も小規模な改修を繰り返してきたが、老朽化が隠せなくなったうえに2008年ごろからのプロ野球人気の向上により、2011年12月から大規模な改修工事を開始した。2012年5月、工事が終了しないままハンファの主催試合を行うようになったが、翌6月には完成し、内野2階席などの設置で観客席が3500席ほど増設された。

なお、2012年末から2013年初まで、両翼を97mから99m、センターを114mから121mへと拡張し、外野の観客席を増設する大規模な改修工事を実施した。また、2012年の公式戦開幕に備え、スコアボードに表示されるボールカウントは従来の『SBO』から『BSO』に改修された[1]

交通機関[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これでヒーローズの本拠地木洞野球場を除いては、全ての球場で『BSO』表示に変更された

外部リンク[編集]

前本拠地:
n/a
-
OBベアーズの本拠地
1982 - 1984
次本拠地:
東大門野球場
1985 - (1シーズン限り)
前本拠地:
n/a
-
ピングレ・イーグルス、ハンファ・イーグルスの本拠地
1986 - 現在
次本拠地:
n/a
-