大韓民国ウォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大韓民国ウォン
대한민국 원
Currency South Korea.jpg
ISO 4217コード KRW
使用国・地域 大韓民国の旗大韓民国
インフレ率 2.2%
情報源 National Statistical Office, South Korea, 2006年
指数 CPI
補助単位
1/100 (jeon)
計算上のみで、硬貨・紙幣ともに発行されていない。
通貨記号
複数形
硬貨
広く流通 ₩10, ₩50, ₩100, ₩500
流通は稀 ₩1, ₩5
紙幣 ₩1000, ₩5000, ₩10000,₩50000
中央銀行 韓国銀行
ウェブサイト www.bok.or.kr
紙幣製造 韓国造幣公社
ウェブサイト www.komsco.com
硬貨鋳造 韓国造幣公社
ウェブサイト www.komsco.com


ウォン
各種表記
ハングル
漢字
発音 ウォン
ローマ字 Won
テンプレートを表示

大韓民国ウォンは、大韓民国通貨単位。韓国中央銀行である韓国銀行が発行する。製造は韓国造幣公社が行っている。

北朝鮮ウォンと共通の事柄(名称、分断前の歴史など)についてはウォンも参照。

両替[編集]

通貨保護の観点から国外への持ち出しを制限している。

2002年サッカーワールドカップを機に規制緩和され、それまで韓国系銀行に限られていた日本国内での両替が、郵便局や一部の銀行、両替所等でも可能となった。日本では、多くの外国硬貨と同様に硬貨が両替不可能(一部業者を除く)である。また、日本で両替を行うと、韓国で両替を行うよりも顧客にかなり不利なレートになるのが通例である。

漢字表記[編集]

「ウォン」は「(円)」の朝鮮語読みだが、公式には漢字表記をしない。一方、「元」も朝鮮語読みでは「ウォン」となるが、まれにウォンを「元」と漢字表記することもある。ちなみに韓国では、日本円ハングルで「」(エン)と表記し、また中華人民共和国は「위안」(ウィアン、[yan]→[wian])と表記する。また、中国語圏では繁体字では「韓圓」または「韓元」、簡体字では「韩圆」または「韩元」と書く。

歴史[編集]

大韓民国の歴史を通じて1つのウォンが使われていたわけではなく、旧ウォン→ファン→新ウォンと、2回のデノミネーションが行なわれている。

  • 1945年 旧ウォン(圓)を導入
  • 1953年2月15日 旧ウォンに替えてファンを導入、100ウォン→1ファン(환; 圜
  • 1962年6月10日 ファンに替えて新ウォンを導入、10ファン→1ウォン(漢字表記なし)

旧ウォン[編集]

大韓民国ウォンの固定相場
日付 旧ウォン/USD[1] 円/USD(参考)
1945年08月00 15 (15)
1947年07月15日 50 (50)
1948年10月01日 450 (270)
1949年06月14日
(政府間取引以外)
900 (360)
1950年05月01日 1800 (360)
1950年11月01日 2500 (360)
1951年04月01日 6000 (360)

第二次世界大戦が終わった1945年朝鮮銀行は解体し、朝鮮半島のその資産は米ソ軍政府に接収され、後に南の韓国銀行と北の朝鮮中央銀行に引き渡された。

米軍政府に接収された南側の朝鮮銀行は、1950年韓国銀行が設立されるまでの間、日本統治下に引き続いて最初の南朝鮮のウォン(圓、won)を発行した。ウォンの下には補助通貨チョン(、chon)が置かれ、1ウォンは100チョンだった。1945年8月時点では1ウォン=1円に固定されていたが、1945年10月に15ウォン=1米ドルとなり、以後は戦後のインフレーションの進行とともに切り下げが進んだ。朝鮮戦争中の1951年4月1日にはついに1ドル=6,000ウォンとなった[2]

この時期、当初朝鮮銀行は大蔵省印刷局製造のウォン紙幣のみの発行を継続し、硬貨は日本統治下で通用していた一銭硬貨が使われていた。1946年発行の朝鮮書籍印刷株式会社の印刷による10ウォンおよび100ウォン紙幣は日本統治時代の朝鮮銀行券と類似したデザインであったが、日本を象徴する桐紋に代わりムクゲの花に上部の紋章が変更された。1949年発行の5ウォンおよび10ウォン紙幣は寿老人の肖像に代わり独立門の図案となった。このとき同時に5、10、50チョンなどの小額紙幣も発行された。1950年には韓国の中央銀行として韓国銀行が発足したが、直後に勃発した朝鮮戦争でソウルを占領した北朝鮮軍は予備として保管してあった1000ウォン紙幣を使用し大量に流出させた。韓国は新たに日本の印刷庁で製造された韓国銀行券1000ウォン、100ウォン紙幣を発行し朝鮮銀行券と交換した(第1次緊急通貨措置)。51年10月、韓国造幣公社が設立され、紙幣の国内製造が再開された。

韓国銀行券 [3]
画像 幅(mm) 日時 印刷
発行 終了
100 won 1950 obverse.jpg 100 won 1950 reverse.jpg 100 158 × 78 光化門 1950年7月22日 1953年
2月17日
印刷庁
500 won 1952 obverse.jpg 500 won 1952 reverse.jpg 500 145 × 61 李承晩 タプコル公園 1952年10月10日 韓国造幣公社
1000 won 1950 obverse.jpg 1000 won 1950 reverse.jpg 1000 171 × 78 1950年7月22日 印刷庁
1000 won 1952 obverse.jpg 1000 won 1952 reverse.jpg 145 × 61 タプコル公園 1952年10月10日 韓国造幣公社

ファン[編集]

大韓民国ファンの固定相場
日付 ファン/USD
1953年02月15日 60
1953年12月15日 180
1955年08月15日 500
1960年02月23日 650
1961年01月01日 1000
1961年02月02日 1250

この旧大韓民国ウォンは1953年2月15日に新通貨ファン(圜、hwan)が導入されたことで役割を終えた。100旧ウォンは1ファンと交換され、1ドル=60ファンとなった(第2次緊急通貨措置)。合衆国政府印刷局が印刷した1ファン、5ファン、10ファン、100ファン、1000ファン各紙幣が流通し、1959年からはファン硬貨も発行された。1959年以降、韓国の紙幣や硬貨における漢字表記はなくなり英字とハングルのみとなっている。

ファンの下にも補助通貨チョン(錢、chon)が置かれ、1ファンは100チョンだった。ただし、チョンの硬貨は発行されず、チョンが使われることはなかった。

しかしファンも、李承晩大統領が独裁権力を振るう第一共和国時代の政治と経済の混乱でインフレーションが起こり米ドルに対する価値が下がっていった。1960年には不正な大統領選挙をきっかけに四月革命が起こり第一共和国が倒され、第二共和国へ移行した。政治や経済は不安定さを増し、1960年の秋以降、失業率や物価の上昇でインフレーションが急速に進み、1961年1月1日には1ドル=1000ファンに、2月2日には1ドル=1250ファンへと価値が急落した。

ファン硬貨 [4]
画像 硬貨 日時
幅(mm) 重量(g) 材質 鋳造開始 流通 終了
10 hwan coin obverse.jpeg 10 hwan coin reverse.jpeg 10 19.1 2.46 95%
亜鉛 5%
ムクゲ, 額, 銀行名 額, 国名, 鋳造年 1959年 (檀紀4292年) 1959年10月20日 1975年3月22日
50 hwan coin obverse.jpeg 50 hwan coin reverse.jpeg 50 22.86 3.69 亜鉛 70%
亜鉛 18%
ニッケル 12%
亀甲船, 額, 銀行名 額, 国名, 鋳造年 1959年 (檀紀4292年) 1959年10月20日 1975年3月22日
100 hwan coin obverse.jpeg 100 hwan coin reverse.jpeg 100 26.0 6.74 白銅
亜鉛 75%
ニッケル 25%
李承晩, 額, 銀行名 1959年10月30日 1962年6月10日
米国印刷ファン紙幣 [1] (朝鮮語)
票面 額面 サイズ デザイン 日時
表面 裏面 表面 裏面 発行 終了
1 hwan 530217 obverse.jpg 1 hwan 530217 reverse.jpg 1 111 × 54 mm ピンク 韓国銀行」の名前と漢字ハングルで額面 韓国銀行の行章 1953年2月17日 1962年6月10日
5 hwan 530217 obverse.jpg 5 hwan 530217 reverse.jpg 5
10 hwan 530217 obverse.jpg 10 hwan 530217 reverse.jpg 10 156 × 66 mm 韓国銀行」の名前と漢字ハングルで額面、亀甲船 韓国銀行の行章
100 hwan 530217 obverse.jpg 100 hwan 530217 reverse.jpg 100
1000 hwan 530217 obverse.jpg 1000 hwan 530217 reverse.jpg 1000
国内印刷ファン紙幣[2] (朝鮮語)
票面 額面 サイズ デザイン 日時
表面 裏面 表面 裏面 発行 終了
10 hwan 530317 obverse.jpg 10 hwan 530317 reverse.jpg 10 156 × 66 mm 南大門 巨済近郊・海金剛海岸の風景 1953年3月17日 1962年6月10日
10 hwan 531215 obverse.jpg 10 hwan 531215 reverse.jpg 1953年12月15日
50 hwan 580815 obverse.jpg 50 hwan 580815 reverse.jpg 50 149 × 66 mm 独立門 李舜臣立像と亀甲船 1958年8月15日
100 hwan 531218 obverse.jpg 100 hwan 531218 reverse.jpg 100 156 × 66 mm 李承晩 独立門 1953年12月18日
100 hwan 540201 obverse.jpg 100 hwan 540201 reverse.jpg 1954年2月1日
100 hwan 570326 obverse.jpg 100 hwan 570326 reverse.jpg Value 1957年3月26日
100 hwan 620516 obverse.jpg 100 hwan 620516 reverse.jpg 母と子 独立門 1962年5月16日
500 hwan 560326 obverse.jpg 500 hwan 560326 reverse.jpg 500 156 × 73 mm 李承晩 額面 1956年3月26日
500 hwan 580815 obverse.jpg 500 hwan 580815 reverse.jpg 1958年8月15日
500 hwan 610419 obverse.jpg 500 hwan 610419 reverse.jpg 世宗大王 韓国銀行本館 1961年4月19日
1000 hwan 570326 obverse.jpg 1000 hwan 570326 reverse.jpg 1000 166 × 73 mm 李承晩 韓国銀行行章 1957年3月26日
1000 hwan 600815 obverse.jpg 1000 hwan 600815 reverse.jpg 165 × 73 mm 世宗大王 トーチ 1960年8月15日

新ウォン[編集]

大韓民国ウォンの固定相場
日付 KRW/USD
1962年06月10日 125
1964年05月03日 255
1972年08月03日 400
1974年12月07日 480
1980年01月12日 580

1961年5月16日に起こった5・16軍事クーデターで第二共和国は倒され、朴正熙少将が権力を握る国家再建最高会議(軍事政権)が誕生した。この政権は経済再建と経済開発を優先し、翌1962年には第一次五ヵ年計画と通貨改革を実行に移した。1962年6月9日に新たな大韓民国ウォンが登場、1ウォンは10ファンと交換され1ドル=125ウォンに固定された(第3次緊急通貨措置)。補助貨幣はチョン(英語表記は「jeon」に改められた)であり1ウォンは100チョンとなったが、今日チョンが実際に使われることはない。この通貨改革によりようやくインフレーションは緩やかになった。

1970年代前半は石油ショックの影響もあり1972年と1974年にウォンが切り下げられた。1980年1月12日には1ドル=580ウォンとなったが、同年2月27日には変動相場制への移行が始まった。アジア通貨危機の最中の1997年12月24日、国際通貨基金(IMF)との合意により完全変動相場制へと移ったが[5]、その後ウォンのドルに対する価値はわずかな間に半分に落ち込んでいる。

流通貨幣[編集]

紙幣[編集]

2006年から2007年にかけて紙幣のデザインが大幅に変更された。偽造防止のための新技術が盛り込まれ、サイズが小さくなった。長年似通っていた図柄を現代風に改め、紙幣の色彩が鮮やかになり、額面の文字と数字が大きな字で明るくはっきり見えるようになった。

2006-現在発行紙幣[3] (朝鮮語)
票面 額面 サイズ デザイン 発行日
表面 裏面 表面 裏面 透かし
1000 won serieIII obverse.jpeg 1000 won serieIII reverse.jpeg 1,000 136 × 68 mm 退渓李滉の肖像・成均館 鄭敾の『渓上静居図』 肖像の裏面と額面 2007年1月22日
5000 won serieV obverse.jpeg 5000 won serieV reverse.jpeg 5,000 142 × 68 mm 赤・黄 栗谷李珥の肖像・烏竹軒と 申師任堂の『草虫図』 2006年1月2日
10000 won serieVI obverse.jpeg 10000 won serieVI reverse.jpeg 10,000 148 × 68 mm 世宗大王の肖像・龍飛御天歌日月五峰図 天象列次分野之図と天球儀天体望遠鏡 2007年1月22日
50000 KRW 2009 ob.jpg 50000 KRW 2009 rev.jpg 50,000 154 × 68 mm 橙・黄 申師任堂の肖像・申師任堂の『墨葡萄図』と『草蟲図繡屏』の茄子の絵 魚夢龍の『月梅図』と李霆の『風竹図』 2009年6月23日
1983年-2005年発行紙幣
票面 額面 サイズ デザイン 発行日 変更点
表面 裏面 表面 裏面
1000 won serieII obverse.jpeg 1000 won serieII reverse.jpeg 1,000 151 × 76 mm 退渓李滉の肖像と投壺の壺 陶山書院 1983年6月11日
5000 won serieIII obverse.jpeg 5000 won serieIII reverse.jpeg 5,000 156 × 76 mm オレンジ 栗谷李珥の肖像 烏竹軒 1983年6月11日
5000 won serieIV obverse.jpeg 5000 won serieIV reverse.jpeg 2002年6月12日 偏光インク使用・点字透かし追加
セキュリティスレッド追加・著作権表示
10000 won serieIII obverse.jpeg 10000 won serieIII reverse.jpeg 10,000 161 × 76 mm 薄緑 世宗大王の肖像と報漏閣自撃漏 慶会楼 1983年10月8日
10000 won serieIV obverse.jpeg 10000 won serieIV reverse.jpeg 1994年1月20日 モアレ画像の透かしに変更・セキュリティスレッド追加
10000 won serieV obverse.jpeg 10000 won serieV reverse.jpeg 2000年6月19日 モアレ画像の透かしを取り止め
偏光インク使用・点字透かし追加・著作権表示

それ以前の紙幣・硬貨とも1962年の「新ウォン」化後のものは有効。詳細は韓国銀行のHPを参照。

50,000ウォン紙幣の発行[編集]

長らく最高額紙幣が10,000ウォン(800・8USドル程度の価値)であったため、決済時に不便をもたらしていた。このため国民の間では、自己宛手票(チャギアプスピョ)略して手票(スピョ・日本語で小切手)やクレジットカードの使用頻度が高い。デノミネーション論や高額紙幣発行論がしばしば取りざたされていたが、「インフレ圧力になる」との批判が根強く、具体化に至っていなかった。しかしながら、自己宛手票流通に掛かるコストや、偽造小切手問題などから、2006年初頭より、韓国政府は100,000ウォン札を発行する方針で具体的な検討に入り、2007年5月2日韓国銀行2009年上半期を目処に100,000ウォンと50,000ウォン紙幣を発行する事を正式発表した。

しかし、100,000ウォン紙幣の図案に関して論議が起き(裏面の朝鮮半島の古地図・大東輿地図に、本来描かれていなかった独島(竹島)を記載するか否かの問題もあったが、表面の肖像に予定されていた独立指導者の金九に関して、南北統一政府を主張して李承晩らと確執を繰り広げたことから最高額面の紙幣にふさわしい人物かどうかが保守派から提起され激論となったことが大きい[6])、2009年1月22日、韓国銀行は100,000ウォン紙幣発行推進計画を中止すると発表。50,000ウォン紙幣は予定通り2009年6月23日に発行された。ただ、50,000ウォン紙幣も日本円4,000円弱程度の価値(発行当時)でしかなく、今後再び100,000ウォン紙幣の発行論議が再燃する可能性がある。

硬貨[編集]

2006年までは黄銅の10ウォン硬貨が発行されていたが、素材価値が高くなり額面に見合わなくなったため現在の硬貨に改められた。 1ウォン硬貨、5ウォン硬貨は、現在では事実上流通していないが、現在でもミントセットのために細々と製造されている。現金を伴わない取引では1ウォン単位で決済が行われるが、現金取引で10ウォン未満の端数が発生した場合、切り上げ、もしくは切り捨てられる。

1982-2006年発行[4][7]
画像 硬貨 日時
幅(mm) 重量(g) 材質 票面 鋳造開始 流通
1 won 1983 obverse.jpeg 1 won 1983 reverse.jpeg 1 17.2 mm 0.729 g アルミニウム 無地 ムクゲハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日
5 won 1983 obverse.jpeg 5 won 1983 reverse.jpeg 5 20.4 mm 2.95 g 黄銅 無地 亀甲船・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日
10 won 1983 obverse.jpeg 10 won 1983 reverse.jpeg 10 22.86 mm 4.06 g 多宝塔・ハングルで額面
10 won 2006 obverse.jpeg 10 won 2006 reverse.jpeg 10 18 mm 1.22 g アルミニウムに銅メッキ 無地 多宝塔・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 2006年 2006年12月18日
50 won 1983 obverse.jpeg 50 won 1983 reverse.jpeg 50 21.6 mm 4.16 g 白銅 エンボス 稲穂・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日
100 won 1983 obverse.jpeg 100 won 1983 reverse.jpeg 100 24 mm 5.42 g 李舜臣・ハングルで額面
500 won 1982 obverse.jpeg 500 won 1982 reverse.jpeg 500 26.5 mm 7.7 g ツル・ハングルで額面 1982年 1982年6月12日

為替レート[編集]

公式にはペッグ制は採用していない。90年代後半以降、ドルや円に対して大きく変動してきている。

アジア通貨危機の克服以降、1円 ≒ 10ウォン程度で安定して推移していた。2005年頃から急激なウォン高が始まり、2007年時点では約7.5ウォン近辺、その後の円高ドル安傾向もあって8ウォン台で推移していた。

しかし2008年には1円 = 10ウォンの大台を突破した。同年9月末には世界金融危機の影響から、韓国通貨危機が発生、12ウォン越えをし大幅なウォン安が起き、10月7日にはついに13ウォンを突破。その後は乱高下を繰り返しながら通貨危機当時の1円 = 14.85ウォン水準に日に日に近付いていたが、10月27日には売値・買値ともに15ウォンを突破し、さらに12月5日には一時的ながら16ウォンにまで達し、2009年2月20日には再び16ウォン台に突入、対円での史上最安値を更新した。その後は通貨危機前の水準に戻しつつある。

JPY/100KRW(100ウォンが何円か。数字が大きいほどウォン高)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 09.03 09.31 09.11 09.38 09.44 09.41 09.56 09.5 09.64 09.45 09.84 09.96
2005年 10.09 10.43 10.54 10.56 10.76 10.74 10.94 10.74 10.88 11.09 11.54 11.71
2006年 12.12 11.99 12.05 12.11 11.85 12.05 12.02 12.19 12.46 12.44 12.49 12.78
2007年 12.92 12.61 12.52 12.84 13.1 13.3 12.93 12.36 12.55 12.71 11.89 12.09
2008年 11.27 11.16 10.08                  

日本銀行の時系列データにある「外国為替市場 / text」を元にした。現在のリンク先はこちら

KRW/USD(1ドルが何ウォンか。数字が大きいほどウォン安) KRW/JPY(1円が何ウォンか。数字が大きいほどウォン安)
KRW/USD(1ドルが何ウォンか。数字が大きいほどウォン安)
KRW/JPY(1円が何ウォンか。数字が大きいほどウォン安)

ニューヨーク連邦準備銀行Foreign Exchange Rates Historical Searchより。

Current KRW exchange rates

Yahoo!ファイナンス: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
Google Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OzForex: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
XE.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OANDA.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD

日本における変造500ウォン問題[編集]

五百円硬貨#変造硬貨も参照。

500ウォン硬貨は日本の旧500円硬貨と比べて、重量が少し重いことを除き、材質・形状が極めて類似していた。500ウォンは日本円でおよそ50円程度(1999年当時)の価値である。このため、1999年頃から、ドリルでくぼみをつけて重量を合わせるなどの加工がなされた変造500ウォン硬貨が、大量に韓国国内から日本国内に運び込まれ、日本全国の自動販売機両替機などで使用された。摘発された主な事件には、次のようなものがある。

1999年6月に、不法滞在中国人の男3人と日本人の男1人が、日本各地の自動販売機で変造500ウォン硬貨を使用していた容疑で、富山県で逮捕された。男らが用いていた自動車から、変造500ウォン硬貨約2000枚が発見され、押収された(平成12年警察白書による)。

当初は自動販売機の識別機能強化による対応が試みられたが、まさにいたちごっこの状態となり、自動販売機での500円硬貨の受入れを中止する動きが広まった。結局、2000年に、日本の造幣局は、抜本的な対策のため、材質を変更した上で偽造防止対策を施した新500円硬貨を発行した。また、自動販売機の多くで新500円硬貨のみ対応の自動販売機に 切り替わった。その結果、日本国内の自動販売機荒らしの発生件数は、2000年の6706件から2001年には1061件まで減少した(平成14年警察白書による)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1米ドルが何ウォンか。数字が大きいほどウォン安。
  2. ^ Kurt Schuler (2004年2月29日). “Tables of modern monetary history: Asia”. Currency Boards and Dollarization. 2006年12月7日閲覧。
  3. ^ 旧ウォン:[リンク切れ]ページのタイトル(朝鮮語)韓国銀行
  4. ^ ファン硬貨:[リンク切れ]ページのタイトル(朝鮮語)、韓国銀行)
  5. ^ Kurt Schuler (2004年2月29日). “Tables of modern monetary history: Asia”. Currency Boards and Dollarization. 2006年11月16日閲覧。
  6. ^ 韓国、10万ウォン札の発行中止 肖像や図案が原因? asahi.com 2009年1月22日配信、2009年3月2日配信
  7. ^ http://210.104.132.11/contents_admin/info_admin/main/region/busan/information/localinfo01/info/200612121.hwp[リンク切れ]

関連項目[編集]