朝鮮民主主義人民共和国中央銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朝鮮民主主義人民共和国中央銀行
各種表記
ハングル 조선민주주의인민공화국중앙은행
漢字 朝鮮民主主義人民共和國中央銀行
発音 チョソンミンジュジュイインミンコンファグッチュンアンウネン
日本語読み: ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくちゅうおうぎんこう
英語表記: Central Bank of the Democratic People's Republic of Korea
テンプレートを表示

朝鮮民主主義人民共和国中央銀行(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくちゅうおうぎんこう、朝鮮語조선민주주의인민공화국중앙은행)とは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の中央銀行である。日本では朝鮮中央銀行と呼ばれている。

概要[編集]

略称朝鮮中央銀行1946年10月に設立された。ただし設立当初の名称は北朝鮮中央銀行であったが、1958年の通貨改革の際に現在の名称に変更された。

この銀行は北朝鮮の法定通貨である朝鮮ウォンの発券銀行であり、通貨管理など中央銀行業務を行っているが、一般住民を対象とした貯金、機関・企業所に対する与信など、諸外国の市中銀行の業務をも同時に行っており、さらには保険業、機関・企業所が管轄する国家所有の固定資産を登録し、その価値を評価する固定資産管理業務等も担当している。そのため、世界の中央銀行では特異な性質を持っている。

また、北朝鮮の場合、外貨など国際業務は朝鮮貿易銀行が担当しているため、対外取引の許可や外国為替の管理等、外貨と係わる金融領域には関与できない。そのため、朝鮮中央銀行は内国金融を専門に受け持つ金融機関であるといえる。また、中国の中央銀行である中国人民銀行との間で合弁銀行として華麗銀行を保有している

そのほか[編集]

[要出典] 朝鮮中央銀行が発券している紙幣のうち、金日成の肖像がある100ウォン、1000ウォン、5000ウォンの各紙幣の肖像部分を折り曲げると「不敬」であるとして、もはや使用できなくなるという。なお、北朝鮮通貨の外貨との交換比率は公定レートに比べ実勢レートのほうがはるかに低いという。

外部リンク[編集]