サムルノリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サムルノリ
Korea-Samul nori-01.jpg
各種表記
ハングル 사물놀이
漢字 四物놀이
発音 サムルノリ
ローマ字表記: samulnoli
テンプレートを表示

サムルノリ사물놀이)は、朝鮮の伝統楽器であるケンガリチンチャングプクを用いた韓国の現代音楽。プンムルノリと呼ばれる農村地帯の伝統的な農楽をもとに、1970年代末に舞台芸術としてアレンジされたパーカッション・アンサンブルである。

名称は、1978年に結成された演奏グループ「サムルノリ」に由来し、4種の伝統楽器を用いた演奏そのものを指すようになった。韓国の農楽そのものをサムルノリと呼ぶのは誤用である。

概要[編集]

伝統楽器奏者として既に知られていたキム・ドクス(金徳洙)(N.M.L. (NO MORE LANDMINE)のチャリティーシングル「ZERO LANDMINE」に参加)が、1978年2月に4種の打楽器による演奏を試みたのがはじまりである。1980年、キム・ドクスをリーダーに、キム・ヨンベ、チェ・ジョンシル、イ・グァンスが加わって「サムルノリ」が結成された。かれらは農村に古くから伝わる農楽をリズムごとに整理し、体系化した演奏をするようになった。もともとの農楽では、通常立った状態で踊りながら演奏するが、このバンドは室内で座って演奏し、舞台用の演奏として技術を高めている。「サムルノリ」は、韓国内外で積極的に活動し、高度な演奏技術により韓国を代表する音楽集団として世界的に有名になった。

「サムルノリ」は「四物の遊び」という意味で、地方ごとに異なる農楽の中でも必ず用いられる4つの楽器(ケンガリ、チン、チャング、プク)で演奏する。チン(鉦)は風を、プク(太鼓)は雲を、チャング(鼓の一種)は雨を、ケンガリ(小さい鉦)は雷を表現し、また、金属製の楽器は天を表し、木と皮の楽器は地を表すと言われており、4つの楽器が奏でる楽曲は、天地・宇宙を表現するものであるという。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]