ネチズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネチズン: netizen)とは本来、インターネットなどのコンピュータネットワーク上の社会に属している、という意識の強い人々の呼称である。ネット市民。ネットワーク市民を意味する英語「network citizen」の略称である。日本ではあまりなじみのない言葉で、ほぼ韓国のネットユーザーをさす言葉と化している。

日本では群馬大学特任教授下田博次が、子供のインターネット利用について学ぶ団体の名称(ねちずん村)として使っているという事例がある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]