朝鮮の宗教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朝鮮の宗教は数々の異なる伝統によって包み込まれている。朝鮮の宗教的伝統は長い歴史を持つ仏教巫俗朝鮮の儒教の背景と共に、キリスト教の急速な台頭によって影響を受けている。現代の北朝鮮韓国という南北分断も、特に共産主義の北では同様に宗教活動の形に変化を与えた[1][2][3][4][5]

韓国の宗教[編集]

韓国人の53%以上は何らかの宗教に所属していると明言している。That affiliation is spread primarily among three traditions - 仏教(55%)、キリスト教(43%)、そして巫俗(0.2%).[6]。しかし、これらの数字は(キリスト教を除いて)仏教徒とそうでない人々、儒家とそうでない人々との間に意味のある区別が無いので注意深く見なければならない。これらの宗教は宗教というより倫理的価値の纏まりとして認識されている。これらの動きの文化的影響は形式的信奉者の数が示すよりも遥かに広範囲に渡る。様々な「新宗教」は天道教統一教会を含めて19世紀半ばに登場した。非常に小さなイスラム教バハーイー教の少数派が存在する。彼らは南アジアからの移民である。

北朝鮮の宗教[編集]

仏教と儒教[編集]

仏教は新羅(紀元前57年から紀元935年) と高麗王朝(918年から1392年)で最有力の宗教となり文化的影響力を誇った。儒教も同様に中国から朝鮮半島に三国時代初期にもたらされたが、李氏朝鮮の成立までは低い扱いを受けた。その後は国家イデオロギーとなった。

キリスト教[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ About Korea - Religion[リンク切れ]
  2. ^ South Koreans”. Every Culture. 2012年2月21日閲覧。
  3. ^ Culture of SOUTH KOREA”. Every Culture. 2012年2月21日閲覧。
  4. ^ Culture of NORTH KOREA”. Every Culture. 2012年2月21日閲覧。
  5. ^ CIA The World Factbook -- North Korea
  6. ^ 인구,가구/시도별 종교인구/시도별 종교인구 (2005년 인구총조사)”. NSO online KOSIS database. 2006年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]