韓国航空宇宙研究院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
韓国航空宇宙研究院
各種表記
ハングル 한국항공우주연구원
漢字 韓國航空宇宙硏究院
発音 ハングクハンゴンウジュヨングウォン
英語表記: Korea Aerospace Research Institute
テンプレートを表示

韓国航空宇宙研究院(かんこくこうくううちゅうけんきゅういん、: Korea Aerospace Research Institute, KARI)は、大韓民国航空宇宙開発研究を担う政府機関。 主な研究所大田広域市のハイテク団地「大徳研究団地」にあり、射場として「羅老宇宙センター」を保有する。 JAXAでは韓国航空宇宙研究所と呼称している。

設立[編集]

1981年に設立されたがしばらくはほとんど活動をせず、1989年から本格的に活動を開始しており韓国では1989年10月10日をKARIの設立年としている。

ロケットの開発[編集]

1990年から一段固体燃料ロケットのKSR-1の開発を開始し1993年に打ち上げている。1997年1998年にはKSR-1を発展させた二段ロケットKSR-2の打ち上げを成功させている。1997年12月、将来に人工衛星打ち上げ能力を保持するために液体酸素/ケロシンロケットエンジンの開発を開始し、2002年にこの韓国初の液体燃料ロケットエンジンを使用したKSR-3の打ち上げを行った。

ロシアクルニチェフ国家研究生産宇宙センターなどから技術援助を受けて韓国初の人工衛星打ち上げ用ロケット(ローンチ・ヴィークル)「羅老」と羅老宇宙センターを完成させた。ロケットの核心部分である一段目にはアンガラ・ロケットRD-151エンジンが使用されている。2009年8月25日に羅老1号機を羅老宇宙センターから打ち上げたが、搭載衛星STSAT-2Aを覆うフェアリングに不具合があり軌道投入に失敗、2010年6月10日に羅老2号機を打ち上げたが発射137秒後に爆発し、搭載衛星STSAT-2Bも失った。2013年1月30日に羅老3号機でSTSAT-2Cの軌道投入に成功した。この打ち上げは韓国のロケットで人工衛星の軌道投入に成功した初の打ち上げとなった。ロシアとの契約により、この打ち上げで羅老の運用を終了した。

2010年から羅老の後継機のKSLV-2の開発が始まっており、2021年に初打ち上げの予定である。

外国ロケットによる人工衛星の打ち上げ[編集]

韓国は、KSLV-2が完成する2021年まで独自に運用する衛星打ち上げロケットを持たないため、人工衛星の打ち上げを外国の宇宙機関や打ち上げ企業に依存している。

アリラン衛星シリーズを例に挙げれば、1999年に多目的衛星アリラン1号をアメリカのトーラスロケットで、2006年にアリラン2号をロシアのロコットロケットで、2012年にアリラン3号を日本のH-IIAロケットで、2013年にアリラン5号をロシア・ウクライナカザフスタン合弁ドニエプルロケットで打ち上げた。

有人宇宙開発事業[編集]

韓国科学技術部主管の韓国宇宙人輩出事業で、2008年4月8日李素妍がロシアのソユーズTMA-12に搭乗し、4月19日まで国際宇宙ステーション(ISS)に滞在した。彼女は韓国人初の宇宙船搭乗者となった。

航空機の開発[編集]

KARIは無人機高高度飛行船、次世代多目的ヘリコプターの開発を行っている。

予算[編集]

KARIの予算は、2007年度で約3480億ウォン[1](約3億6600万USドル)である。なお、2003年度の予算は1564億ウォン(約1億5000万USドル)であった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]