アルジェリア宇宙庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルジェリア宇宙庁: Algerian Space Agency、Agence Spatiale Algérienne、ASAL)はアルジェリア宇宙機関。2002年に設立され、本部はアルジェに位置する[1]

概要[編集]

リモートセンシング衛星の活用を積極的に進めており、2002年、災害監視衛星コンステレーション(DMC)に参加するALSAT-1SSTLから購入し、ロシアのコスモス3Mによって打ち上げた[1]。これがアルジェリア初の人工衛星となった[1]

2006年1月にはEADS アストリアムとALSAT-2システムに関する契約を行い、アルジェリアのエンジニアへの指導を含めた衛星の設計・開発・打上げ・地上輸送、関連設備の敷設がアストリアムに任された[2]。2機が製造される予定で、1機目のALSAT-2Aは2010年7月12日にインドのPSLV-CAで打ち上げられた。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c アルジェリア宇宙庁”. JAXA 宇宙情報センター. 2011年2月9日閲覧。
  2. ^ ALSAT-2 High quality imagery for Algeria”. EADS アストリアム. 2011年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]