スウェーデン国立宇宙委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スウェーデン国立宇宙委員会スウェーデン語: Rymdstyrelsen:Swedish National Space Board - SNSB)はスウェーデン宇宙機関。スウェーデン産業・雇用・通信省の管理下にある。スウェーデン教育科学省より研究のための資金提供を受けている。

SNSBは政府補助金を研究開発に分配し、リモートセンシング分野において研究開発を始め、国際協力においてスウェーデン側の交渉・連絡係を務める。SNSBでは17人の従業員がおり、ストックホルム都市部ソルナに事務所がある。

宇宙計画[編集]

スウェーデンの宇宙計画は主に国際協力の下実行される。年間予算のおよそ60%が欧州宇宙機関の計画に使われる。

人工衛星ミッション[編集]

  • バイキング (1986–1987) -磁気圏と電離層でプラズマプロセスの調査
  • Freja (1992–1995) 宇宙物理研究の第二号。
  • Astrid 1 (1995) 宇宙物理学。小型人工衛星
  • Astrid 2 (1998–1999) 宇宙物理学。小型人工衛星
  • Odin (2001—) 天文学と大気科学研究用のスウェーデン-カナダ-フィンランド-フランスの衛星。
  • Prisma (2010-) ランデブー飛行用の実験機。

会長[編集]

名前
1972–1979 Hans Håkansson
1979–1989 Jan Stiernstedt
1989–1998 Kerstin Fredga
1998–2009 Per Tegnér
2009— Olle Norberg

関連項目[編集]

外部リンク[編集]