国連宇宙空間平和利用委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国連宇宙空間平和利用委員会(United Nations Committee on the Peaceful Uses of Outer Space、COPUOS)は、スプートニクが打ち上げられた直後の1958年に暫定的に発足した国際連合の委員会である。1959年の国際連合決議「宇宙空間の平和利用に関する国際協力」1472 (XIV)で、常設委員会として正式に設立された。

COPUOSの任務は、「宇宙空間の研究に対する援助、情報の交換、宇宙空間の平和利用のための実際的方法及び法律問題の検討を行い、これらの活動の報告を国連総会に提出すること」である。下には科学技術小委員会法律小委員会という2つの小委員会が設置されている。

COPUOSは、以下の5つの条約及び協定を監督している。

構成国[編集]

COPUOSには、現在71カ国が参加し、国際連合で最も大きな委員会の1つとなっている。

最後に新規加盟が行われた2011年時点での加盟国は以下のとおりである。

(アルファベット順)

(計71ヵ国)

外部リンク[編集]