ポーランド科学アカデミー宇宙研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Space Research Centre in Warsaw in 2014.JPG

宇宙研究センターポーランド語: Centrum Badań KosmicznychCBK)は、ポーランド宇宙機関ポーランド科学アカデミーポーランド語: Polska Akademia NaukPAN)の研究機関であり、1977年に設立した。本部はワルシャワに位置する。

概要[編集]

年間予算は約3億円で、約150名の職員の内3分の1が研究者である。

冷戦時代ポーランドの政治はソ連の影響が大きく、宇宙開発分野でもポーランドはソ連の宇宙開発と関わってきた。1977年から2001年の間、宇宙研究センターはインターコスモスの枠組みにおいて、いくつかの観測ロケットと衛星ミッションへのペイロード開発を行った。ロシアの惑星探査ミッションの分野では、フォボス計画マルス96計画に参加した。

また冷戦後はロシアだけでなく、カッシーニの搭載ペイロードや、ロゼッタの熱伝導度測定ペネトレータの開発など、ペイロード開発を中心としてアメリカや欧州の計画に参加している。

なお、ポーランドは2007年に欧州宇宙機関と協力国協定を締結している。

部門[編集]

  • 惑星測地学部門(Planetary Geodesy Department)
  • リモートセンシング部門(Remote Sensing Department)
  • 宇宙物理部門(Space Physics Department)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]