ボリバル宇宙活動庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ABAE宇宙センター

ボリバル宇宙活動庁スペイン語: Agencia Bolivariana para Actividades Espaciales; ABAE)はベネズエラ宇宙機関

ボリバル宇宙活動庁はベネズエラ宇宙センター(Centro Espacial Venezolano, CEV)を継承する形で、2008年1月1日科学技術省の下に設立された。ベネズエラ初の人工衛星となったヴェネサット-1の開発事業は2002年に始まり、2006年に中国と協定を締結して中国で製造が行われた。衛星は2008年10月29日に中国の西昌衛星発射センターから打ち上げられ、2009年から中南米向けの運用を開始し、主に通信や遠隔医療、通信教育などのサービスを提供している[1]

ベネズエラは2009年10月の時点で国内に1580基の衛星アンテナを敷設しており[1]、2013年にはヴェネサット-2の打ち上げも計画している。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 中国が打上げたラテンアメリカ初の衛星、正常に運行中! - サーチナ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]