マレーシア国立宇宙局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マレーシア国立宇宙局(マレーシアこくりつうちゅうきょく、マレーシア語Agensi Angkasa Negara, ANGKASA、英語Malaysian National Space Agency, MNSA)は、マレーシア国立宇宙機関

概要[編集]

アンカサワン計画[編集]

アンカサワン計画(Angkasawan program)は、マレーシア人宇宙飛行士を育成し、国際宇宙ステーションへ派遣することを目的とするマレーシア政府による宇宙計画。2007年10月10日、マレーシア初の宇宙飛行士となったシェイク・ムザファ・シュコアを輩出した。

宇宙空間でのムスリム[編集]

ムスリム宇宙飛行士のための儀式作法ガイドラインを作成した[1]

2006年4月、宇宙空間でのイスラム作法を研究する会議を開催した[2]

人工衛星[編集]

外国からの購入機材、国産機材の両方を使用する[3]

ロケット開発[編集]

2001年以降、ANGKASAは日本の協力を受け、純国産ロケットを開発している[4]

参照[編集]

外部リンク[編集]