李素妍 (宇宙飛行関係者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李素妍
KAP所属の宇宙飛行関係者
国籍 韓国の旗 韓国
誕生 1978年6月2日(35歳)
光州広域市
他の職業 研究者
宇宙滞在期間 10日21時間
選抜試験 2006 South Korean program
ミッション ソユーズTMA-12ソユーズTMA-11
李素妍
各種表記
ハングル 이소연
漢字 李素妍
発音: イ・ソヨン
日本語読み: り・そけん
ローマ字 I Soyeon
テンプレートを表示

李素妍 (り・そけん/イ・ソヨン、이소연, 1978年6月2日[1] - )は、韓国宇宙飛行関係者[2]、研究者。

略歴[編集]

1978年光州広域市生まれ。光州科学技術高等学校で学び、韓国科学技術院へ進み機械学を専攻した。彼女は学士号と修士号を取得した後、博士課程で生命工学を研究。2006年韓国宇宙人輩出事業にもとづき、宇宙飛行士候補に選ばれた。2007年には、宇宙飛行に備えるため、韓国科学技術院での研究を中断し、ロシアで訓練を受ける。2008年2月29日、韓国科学技術院から博士号を授与されたのち、2008年4月、韓国人とロシアの持つISSへの商業旅行枠を韓国政府が購入しての滞在であり、自費で費用を負担した最初の宇宙旅行者であるデニス・チトーや、マレーシアシェイク・ムザファ・シュコアと同様、宇宙旅行者または宇宙飛行関係者として扱われる。なお、日本人として最初に宇宙に到達した元TBS秋山豊寛とも費用負担の点では類似性があるものの、秋山豊寛は旧ソ連認定の宇宙飛行士の資格を有している点が異なる。

宇宙飛行[編集]

2004年、韓国科学技術部は韓国宇宙人輩出事業として、ロシアから商用の宇宙旅行の権利を購入し、韓国人を搭乗者とする宇宙飛行計画を開始した。

2006年12月25日、李は3万6206人の一般公募者から、韓国人として初めて宇宙へ行く候補者に高山(コ・サン)と共に選ばれた。

2007年9月5日、韓国科学技術部は、高を宇宙に送ることに決定した。李は、高が負傷などの理由で宇宙船に搭乗できなくなった場合に備え、予備となった。李は引き続き、ロシアでの訓練を行った[3][4]

2008年3月10日、韓国教育科学技術部は高から李に決定を変更すると発表した。理由は、高がロシアの訓練施設内で訓練と無関係の教材を任意で借り受ける等の規則違反を繰り返したためであり、ロシア連邦宇宙局の勧告を再三に渡り無視し続けたためであった。

2008年4月8日、李と2人のロシア人宇宙飛行士が搭乗したソユーズTMA-12は打ち上げに成功。4月10日、ソユーズはISSとのドッキングに成功した。

2008年4月19日、地球に帰還する際にカプセル状宇宙船のパラシュートが故障し、予定地点より約420キロメートル離れたカザフスタンに着陸した。李は打撲を負い入院した。

韓国が宇宙旅行の枠まで購入して宇宙を目指したのは、後のKSLV-1計画でのロシアとの関係と国威発揚だったと思われる[要出典]


宇宙から帰還後の活動[編集]

李さんは4年間韓国各地を回って235回の講演を行った後、2012年8月に渡米してMBA(経営学修士)課程で学んでおり、2013年8月には韓国系米国人の医師と結婚した[5]

注釈[編集]

  1. ^ 首位南韓太空人屢次違規遭撤換 換女科學家升空”. 台灣論壇 (2008年3月11日). 2008年3月16日閲覧。
  2. ^ http://www.nasa.gov/mission_pages/station/expeditions/expedition17/index.html
  3. ^ Associated Press (2007年9月4日). “South Korea to announce its first astronaut”. International Herald Tribune. 2008年3月10日閲覧。
  4. ^ Yoon, Sangwon (2007年9月4日). “South Korea taps robotics expert as 1st astronaut”. Houston Chronical. 2008年3月10日閲覧。
  5. ^ “【コラム】MBAで学ぶ韓国初の宇宙飛行士に罪はない”. 朝鮮日報(の転載記事). (2013年11月3日). http://aonoakira.iza.ne.jp/blog/entry/3215161/ 2013年12月8日閲覧。 

外部リンク[編集]