ロシア連邦宇宙局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロゴ

ロシア連邦宇宙局(ロシアれんぽううちゅうきょく、ロシア語: Федеральное космическое агентство России, 英語: Russian Federal Space Agency)は、ロシアにおける宇宙科学航空工学などを担当する宇宙開発機関。ロスコスモスРоскосмос, Roscosmos)という愛称でも知られる。本部はモスクワ付近の町、スターシティに存在する。現在の長官はオレグ・オスタペンコである。

歴史[編集]

ソビエト連邦の崩壊に伴い、1992年2月25日、エリツィン大統領の政令によってロシア宇宙庁(Russian Space Agency)が新たに設立された。これにより、ロシア連邦はソビエト時代の宇宙開発技術、設備を継承することとなった。1999年にはロシア航空宇宙局(Russian Aviation and Space Agency:Rosaviakosmos)に改組。2004年3月に現在のロシア連邦宇宙局(Russian Federal Space Agency:Roscosmos)となった。

宇宙ステーションのミールの運営、国際宇宙ステーション計画への参加、ソユーズプログレス宇宙船の開発と運用、アンガラロケットの開発、月・火星・金星探査機の開発、科学観測などを行っている。

報道や観測筋の伝え方[編集]

1997年アジア経済危機の影響を受けてロシアは1998年財政危機に陥った。2007年には世界金融危機の影響で予算を削減した。それによってロシアの宇宙開発は危地に陥っていた。しかしスペースシャトルの退役により有人宇宙事業を独占に近い状況が発生した。現に[1]、2005年以降で言えば飛行士運賃を2.75倍値上げした。ロシアは有人宇宙計画に予算の50%(最大)を費やしている。少ない予算で有人宇宙計画に費やす背景を一部のオブザーバーは、ロシアが軌道上で自らの存在感を誇示する動きではないか、と指摘する。 欧州宇宙機関のジャン=ジャック・ドルダン長官は「われわれは、非常に居心地が良いとはいえない状況だ。いや居心地が悪いという表現ですら婉曲的だ。われわれはそろって過ちを犯してしまった」と語った。読売新聞の社説ではロシアのロケットに頼ることへの懸念を伝えた[2]

今後、各国にとって宇宙開発事業の停滞が懸念されている。2011年7月19日にゼニットで打ち上げられた電波天文衛星のスペクトルRは驚きをもって伝えられ[3]、ロシアは着々と宇宙の覇権を握ろうとしていたが、2011年から2012年は人材流出や高齢化に加え、20年前の施設が今も稼動している等の問題があり、衛星10基を軌道上に乗せるミッションが失敗した。相次ぐ失敗によりフランスの専門家からは「発注国は今後、ロシアへの依頼を躊躇するだろう」と述べた[4]。2012年10月には軌道投入に失敗した衛星が星出彰彦氏が滞在する国際宇宙ステーションに衝突する可能性も伝えられるなど深刻な事態に陥った[5][6]。メディアからロシアの宇宙技術の信頼性の低下を叫ばれる中、一部の専門家は「常に低迷し衰退し続けたロシアが宇宙開発に於いて繁栄したことなど一度たりともなかった」と切り捨てている[7]


機構[編集]

連邦宇宙局長官

  • 科学技術会議
  • 参事会

次官×4人

  • 操縦プログラム局
  • 自動宇宙複合体・統制システム局
  • プログラム実現・会計登録保障局
  • 宇宙活動組織総合統制局
  • 戦闘ロケット機材局
  • 総務局
  • 国際協力局
  • 地上宇宙インフラ建設手段・協業関係局
  • 人事・保安局

ロシアのロケット発射場[編集]

歴代長官[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]