ニュージーランド準備銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニュージーランド準備銀行
Reserve Bank of New Zealand (英語)
ニュージーランド準備銀行本店
ニュージーランド準備銀行本店
本店 ウェリントン
位置 南緯41度16分44.5秒 東経174度46分29.9秒 / 南緯41.279028度 東経174.774972度 / -41.279028; 174.774972
設立 1934年8月1日
総裁 グレーム・ウィーラー
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
通貨 ニュージーランド・ドル
ISO 4217 コード NZD
基準貸付利率 2.50%
ウェブサイト rbnz.govt.nz

ニュージーランド準備銀行Reserve Bank of New Zealand,略称:RBNZ)は、ニュージーランド中央銀行。所在地はウェリントン

歴史[編集]

1934年ニュージーランド準備銀行法1934が制定され、1934年8月1日ニュージーランド準備銀行が設立される。

1989年ニュージーランド準備銀行法1989に改訂され、それまで財務省が所管してきた金融政策を準備銀行へ移管しニュージーランド政府100%所有の認可法人となる。

総裁任命権は財務大臣が有し、準備銀行運営の最高責任者は総裁が務める。総裁任期は1期5年。2012年9月からグレーム・ウィーラーが総裁を務める。

任務と機能[編集]

  • 準備銀行は、ニュージーランド準備銀行法1989により以下の業務を担当する。
  1. 通貨発行の権限
  2. 金融システムの効率的な運営
  3. 金融政策
  4. 5大銀行と登録金融機関20行の業務と監視
  5. 外国為替の管理
  • 準備銀行は、
  1. 通貨発行の権限を有しニュージーランド・ドルの発行と管理をする。
  2. 物価安定化策としてインフレターゲットを採用している。現在はインフレーション数値目標を1-3%[1]に抑えることを目的とし、政策金利に当たる公定現金率(英称:Official Cash Rate,略称:OCR)を設定する。準備銀行総裁は公定現金率操作の最高責任者であり、インフレターゲットを越える物価率が長期間に渡り発生した時、任命権者である財務大臣は総裁を解雇できる解任権を有する。
  3. 一般銀行の監視業務。2012年12月現在、NZ5大銀行と登録金融機関20行の業務の監視しと、円滑な金融システムの安定を図っている。
  • 法人としての準備銀行は、総裁1名、副総裁1名、総裁補佐2名、専任部長6名により組織される上席管理委員会により運営されている。総裁と法人の監査は7名の非常勤理事が担当する。

その他[編集]

  • ウェリントンにあるニュージーランド準備銀行敷地内に博物館を持つ。博物館では、ニュージーンランドの金融の歴史、銀行の歴史、過去に発行された通貨などを紹介している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1990年当初は数値目標0-2%を導入したが統計上の誤差が生じるため2002年9月に現在の数値目標に改訂

外部リンク[編集]