市中銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

市中銀行(しちゅうぎんこう)とは、経済学において用いられる用語で、中央銀行に対して、一般の預金者から金銭を預かり、事業者などに貸し出す銀行を指す。

一般にいう「銀行」のことで、市銀と略される。業務としては預金口座を主体にした振込、自動引き落としや、両替、融資等を行う。融資以外の窓口業務の大半はATMインターネットで自動化され、手数料等も差別化されている。

全国キャッシュサービス(MICS)、BANCSなどのネットワークで全国の銀行が接続されているので、オンラインで瞬時に振込などの処理ができるようになった。 郵便局ATMと相互接続している銀行も多い。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]