独立門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
独立門
独立門
各種表記
ハングル 독립문
漢字 独立門
発音 トンニンムン
(トンリンムン)
日本語読み: どくりつもん
文化観光部2000年式
英語
Dongnimmun
Independence Gate
テンプレートを表示
1897年当時の独立門。左手に柱を残して撤去された迎恩門。中央に慕華館を改名した独立館

独立門(どくりつもん)は、大韓民国ソウル特別市西大門区峴底洞(ヒョンジョドン)101番地の西大門独立公園(서대문 독립공원))内にある門。1896年11月21日定礎、1897年11月20日完成。徐載弼の案をもとにロシア人建築家のアファナシー・イバノビッチ・セレディン=サバチン(Афанасий Иванович Середин-Сабатин)が設計施工した。扁額は李完用の作品である。

概要[編集]

徐載弼が独立門建設の意義を表明した『独立新聞1896年7月4日の記事

高さ14.28m、幅11.48m。約1,850個の御影石から作られている。フランスパリエトワール凱旋門を模して作られた。史跡第32号(1963年1月21日指定)。1979年に整備事業により本来の位置から北西に70m移動された。

日清戦争により日本が清に勝利し、下関条約にて冊封体制からの李氏朝鮮の独立を認めさせた。これにより李氏朝鮮は清の支配から解放され、自主独立国家として歩みだすことになり、その記念として清への服属の象徴の一つであった迎恩門を壊し、そのすぐ隣に建設された。また、迎恩門に隣接して建てられた慕華館独立館と改名された。建設には、朝鮮の開化派の独立協会が中心となり、募金を募り建てている。

朝鮮が何年も清国の属国であったが、神様の恩恵で独立され、朝鮮大君主陛下が今は世界の首脳と同等な立場となり、朝鮮人民が世界にまたがる自由な人になったがゆえに、このようなめでたいことを無視するのは道理ではない。朝鮮が独立したことを世界に知らせ、また朝鮮の後生に、この時から朝鮮が永遠に独立したことを伝えるためにも表迹(表象)が必要であり、また朝鮮人民が養生するには新鮮な空気を吸い、景色が良く静かな場所で運動をすべきである。慕華館に新しく独立門を建て、その周辺を公園にして千秋万歳自主独立した公園であると伝える志である。

-『独立新聞1896年7月4日「論説」[1]

韓国においては独立門建設の歴史背景が正しく教えられておらず[2]、独立門は「日本からの独立」を記念する門であると誤解されているという[2]。正しくは「清の冊封体制からの独立」を記念したものである。

2009年10月28日、周囲を整備して独立公園としてリニューアルオープン。ひとつの公園にしたことにより西大門刑務所歴史館の施設などと関連性を高め、従来より訪れやすい環境を作った。

脚注[編集]

  1. ^ 金容賛による論文『近代朝鮮におけるナショナリズムと「シンボル」の機能に関する一考察 』による訳文[1]
  2. ^ a b 萩原遼井沢元彦 『朝鮮学校「歴史教科書」を読む』 祥伝社2011年ISBN 978-4-396-11257-8p87-p89。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度34分20.25秒 東経126度57分35.23秒 / 北緯37.5722917度 東経126.9597861度 / 37.5722917; 126.9597861