白銅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
百円硬貨。銅75%、ニッケル25%の白銅製。

白銅(はくどう、cupronickel)は、を主体としニッケルを10%から30%含む合金である。

特徴[編集]

ニッケルの含有比率には多少ばらつきがあるものの、含有量の多いものについてはに似た白い輝きを放つので、銀の代用品として貨幣などに使われる。一例として、昭和30年代頃は銀貨だった100円硬貨は、その後の銀価格高騰を受けて白銅製に切り替えられ、現在に至る。

日本の100円硬貨50円硬貨、旧500円硬貨は Cu75%-Ni25% の白銅である(現行500円硬貨は銅・亜鉛・ニッケルの合金であるニッケル黄銅製)。

また、海水に対する耐食性が高く、海水淡水化の設備や船舶関連の部品に多く使用されている。

展性に優れるので小銃の薬莢に用いられる。黄銅製のものに比べはるかに薄くできるので航空機搭載の機銃の薬莢に使われた。現在ではピストルの薬莢にも使われている。

画像[編集]

関連項目[編集]

  • 黄銅(銅と亜鉛の合金)
  • 洋白(銅と亜鉛とニッケルの合金)
  • 青銅(銅と錫の合金)