李舜臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李舜臣
이순신.jpg
李舜臣の画像
各種表記
ハングル 이순신
漢字 李舜臣
発音 イ・スンシン
日本語読み: り・しゅんしん
英語 Yi Sun-sin
テンプレートを表示

李 舜臣(り しゅんしん、朝鮮読み:イ・スンシン、1545年3月8日(明暦:嘉靖24年) - 1598年11月19日(明暦:万暦26年)は、李氏朝鮮将軍は汝諧(ヨヘ、여해)。文禄・慶長の役において朝鮮水軍を率いて日本軍と戦い活躍したことで知られるが、讒言によって兵卒に落とされて不遇を過ごすなど浮き沈みが激しく、元均の戦死で復権した後、露梁海戦で島津水軍に討たれて戦死した。死後に贈られた忠武公충무공)。

前半生[編集]

本貫徳水李氏京畿道開豊郡の出身で、漢陽(別名:漢城、現:ソウル特別市)の乾川洞(現:中区乙支路)に生まれた。父は李貞。4人兄弟の三男。兄弟の名前は上から順に羲臣、尭臣、舜臣、禹臣。彼ら兄弟の名前は中国の伝説上の帝王の名前の一字を取って名付けられた。後に、朝鮮の領議政(現在の首相に相当)となる3歳年上の柳成龍も同所で生まれており、李舜臣とは幼馴染の仲にあった。

李舜臣は幼い時から勇猛果敢な性格だったとされ、22歳から武科の試験(科挙)を受け始めたが、初の試験では落馬し、合格したのは1576年、32歳のときであった。李舜臣の母の実家がある忠清南道牙山市には李舜臣の功績を称える「顕忠祠」があるが、そこに展示されている資料には、李舜臣が武科に「丙科四位合格」(総合格者29人で12位。現職軍官ではない合格者の中では2番目)したとある。

李舜臣は下士官として女真と国境を接している咸鏡道を転戦したが、上司であった李鎰との不和により、罷免され、白衣従軍[1]を命ぜられた。その後、彼の才能や不運をおしく見ていた全羅道観察使(今の道知事)であった李珖の推薦により軍官(士官)に抜擢されて、全羅道の各地で軍官を勤めた。1589年1月、備辺司(現在の防衛省に相当)より軍官を不次採用(推薦採用)の公告が出て、当時、左議政李山海の推薦を受け、李慶祿など共に全羅道の井邑の県監になった。李慶祿と李舜臣は、後の日本の朝鮮征伐の時に共に活躍した。しかし皮肉にも、李山海は柳成龍の政敵であった。自分が官職に推薦した李舜臣が柳成龍と親交が深いことを知って、李山海は李舜臣と距離を置くようになった。

李舜臣は、しばしば幼馴染みの柳成龍によって不遇を救われたが、文禄の役の前年である1591年に、柳成龍の推薦により全羅左道水軍節度使(略称:全羅左水使)に大抜擢された。この頃、柳成龍は右議政(現在の副首相に相当)の地位に出世していた。だが功績が少なかった李舜臣の大抜擢は、当時既に女真との紛争で功績を残していた元均など諸将から激しい反感を買うことにもなった。

文禄・慶長の役[編集]

文禄の役[編集]

1592年4月12日、豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄の役)が始まると、慶尚道水軍は壊滅したが、李舜臣と李億祺は全羅道水軍を温存して、初めは元均(慶尚右水使)の救援要請を拒否した[2]。5月になって釜山西方の日本水軍支配域に突如進入し、巨済島東岸に停泊していた藤堂高虎堀内氏善らの中規模の日本船団を襲撃。帰途も遭遇した日本船を二度に渡って攻撃して、戦果をあげてすばやく撤収した[2]

攻勢主力を釜山から漢城のラインを軸に、平壌咸鏡道などに展開していた日本軍は、釜山西方の朝鮮南岸で李舜臣の日本船攻撃が活発になると、7月になって脇坂安治加藤嘉明九鬼嘉隆を各方面から招集し、海上戦闘用の水軍を編成して李舜臣に対抗する事とした。

しかし李舜臣は、囮を使って潮流の激しい海峡に単独行動中の脇坂隊を誘き寄せて、閑山島海戦で撃破した。続いて、脇坂の援護のために安骨浦まで進出して停泊していた加藤・九鬼水軍を襲撃し、戦果を挙げた。この2つの海戦の結果、当初専ら輸送用だった日本水軍の船にも大鉄砲が備付けられ、日本軍は勢力範囲の要所に城砦(倭城鉄炮塚と呼ばれる砲台)を築いて大筒や大鉄砲を備えて、水陸併進して活動するようにして警戒した。この方針転換は有効に機能し、以降の李舜臣による日本側の泊地への攻撃は、釜山浦攻撃、熊川攻撃など被害を多く出すばかりで成果が上がらなくなり、出撃回数は激減した。

休戦期[編集]

1593年、これまでの功績を認められた李舜臣は三道水軍統制使という朝鮮南部(慶尚道全羅道忠清道)の水軍を統べる指揮官に出世した。元均は、今まで部下であった李舜臣の命令を受ける立場になったことが不満で、露骨な悪意をしめすことが多々あり、朝廷に赴任地を変えてもらうように願い出た。李舜臣と元均はお互いに讒言を行うなど不和が深刻になり、朝鮮王朝は元均を陸上部隊へ転属させた。李舜臣は彼の日記の中で、「天地の間に、元均ほど凶悪で常軌を逸した人はいない」と述べている。

李舜臣は休戦交渉期の1594年3月に水軍で巨済島を攻撃(第二次唐項浦海戦)したが、日本軍は海では応戦せず、砲台などを構築した。開戦後に戦争を主導する立場となっていたより、和平交渉の妨害となるとして交戦を禁じられた。また、同年9月から10月にかけて朝鮮陸水軍が、再び巨済島を攻撃する作戦を行ったが、数次に渡る攻撃にも日本側は応戦せずに膠着したままだった。李朝の尹鑴(ユン・フ)が書いた白湖全書によると、朝鮮王朝内では膠着状態の間に対立があり、李舜臣が海戦での勝利に焦っているとの批判が強まって、元均などの反李舜臣勢力のデマなど中傷が効果を発揮して、朝廷は体察使(監査)の李元翼を送って、李舜臣の査問が行われた。李舜臣は留任となったが、精神的に疲弊した。

この後も戦線は膠着したが、1597年、慶長の役の攻勢準備のために加藤清正が朝鮮へ着到することを小西行長の使者が朝鮮側に漏らしたことから、朝鮮王朝は加藤清正の上陸を狙って攻撃するように李舜臣に命令した。しかし李舜臣はこれを日本軍の罠と考えて独断で攻撃を実施しなかった。朝廷ではこれを抗命として咎める声が大半となり、李舜臣は更迭され、拷問を受けて一旦は死罪を宣告されたが、鄭琢の取りなしで助命され、再び一兵卒として白衣従軍[1]を命じられた[3]

慶長の役[編集]

1597年、李舜臣の後任の水軍統制使・元均が水軍単独での攻撃命令を嫌がりながらも遂行したが、漆川梁海戦(巨済島の海戦)で大敗。元均をはじめとした数名の将軍は戦死し、朝鮮水軍はほとんど壊滅してしまった。李舜臣は、水軍統制使に返り咲いて壊滅した水軍の再建を進めた。李舜臣が再任された時、朝鮮水軍には僅か12隻の戦船(板屋船)しか残っていなかった。日本軍によって全羅道や忠清道が掃討されつつある中、壊滅直後の残存艦隊を収容しながら後退した李舜臣の艦隊は、朝鮮半島西南端の潮流の激しい鳴梁海峡へ日本水軍を誘導し、突入してきた日本水軍の先頭部隊に一撃を加えた(鳴梁海戦)。しかし、後続の日本水軍は質・量ともに強大なため、海戦の夜には鳴梁海峡を放棄し後退した。続いて日本勢は全羅道西岸拠点を次々と制圧し、停泊地を失った李舜臣はさらに後退、全羅道の北端まで退却し、日本水軍は全羅道西岸の制圧を実施、鄭希得などの多くの捕虜を得た。

全羅道・忠清道の掃討作戦を成功裏に終結させた日本軍は、当初からの作戦計画[4]に沿って慶尚道から全羅道にかけての朝鮮南岸域へ後退して倭城群を構築した。日本軍が撤退すると李舜臣の水軍も明・朝鮮陸軍と共に朝鮮南岸へ再進出した。李舜臣は朝鮮南岸西部にある古今島を拠点として朝鮮水軍の再建に努めた。

日本最西端の拠点である小西行長等が守る順天城を攻撃するため、1598年7月が率いる明水軍が古今島に合流すると、李舜臣は明水軍の指揮下に入った。9月、水陸共同の順天攻撃作戦が開始され、戦いは10月初めまで続いたが、水陸両面で明・朝鮮軍は多大な損害を出すなど苦戦が続き、厭戦気分が蔓延して攻撃は頓挫、李舜臣も海上封鎖を解いて古今島に後退した(順天城の戦い)。

秀吉の死後、日本軍に退却命令が出されると、小西行長は明との間に講和を成立させ、海路を撤退しようとしたが、それを知った明・朝鮮水軍は古今島から松島沖に進出し海上封鎖を実施、小西らの撤退を阻んだ。そのため日本側は抗議して明水軍は応じたものの、李舜臣は拒絶。小西軍は順天城での足止めが続いた。順天城の海上封鎖のために小西軍が脱出不能に陥ったことを知ると、日本側は島津義弘ら諸将が急遽水軍を編成して救援した。李舜臣はこれを察知し、明・朝鮮水軍は順天の封鎖を解いて東進、島津水軍を露梁海峡で迎え撃つことにした。

この露梁海戦では夜半からの戦闘が長時間続き、日本軍、明・朝鮮水軍の双方は大きな被害を被った。混戦の中で明・朝鮮水軍の主な将軍が多数戦死。李舜臣も島津兵の鉄砲を受け、戦役の後に死亡した。朝鮮側は将軍の戦死と損害で統制を欠き、それ以上戦闘を継続出来ずに小西軍の撤退路を開きに来た島津軍は殿軍を勤めて無事撤退させ、当初の予定通り退却戦を完遂した。この戦で李舜臣は討たれ、露梁海戦が最後の戦になった。

最期について[編集]

韓国では、李舜臣は露梁海戦において「大敗した日本軍を追撃中に」「流れ弾に当たって」戦死したと一般に信じられており、日本の一部書籍においても、そのまま引用しているものが見受けられるが「流れ弾」については文献の裏づけはない。「追撃」については朝鮮側の史料である柳成龍懲毖録』によるもので、李舜臣の死のことを「李舜臣は日本軍を大いに撃破し、これを追撃している最中に鉄砲の弾丸で戦死した」と記している[5][6]

一方で同じく朝鮮側史料である『乱中雑録』には、日本水軍と戦闘になった後、朝鮮水軍は主戦場であった海峡口から見て南西の観音浦(海戦前に朝鮮水軍が潜んでいた湾)へと一時後退しており[7]、また李舜臣は日本船の船尾に伏せた兵の一斉射撃により撃ち倒された[8]と記されている。

『明史』では「子龍の救援に赴き、死亡した」とのみ記されている[9][10]。 日本側文献『征韓録』[11][12]によれば、「小船で先出してきた子龍が従卒200余兵とともに討ち取られるのを救援する為進出したところを、和兵に囲まれ船を乗っ取られた」とのみ記し、死に至る詳細については残されていない。

なお、韓国では英雄化が過ぎるあまり、戦死ではなく自ら死を選んだという説や、戦争を生き延びて隠遁生活を送って戦後に死亡したという説が唱えられることがあるが、この根拠となる史料は無い[13]

評価[編集]

李舜臣はその死後に最大級の勲功を与えられ、「忠武公(충무공)」と(おくりな)されたほか、1603年、宣祖は彼を宣武1等公臣[14]および德豊府院君に追尊し、1659年、孝宗の時代に韓国の南海に忠武公李舜臣の碑が建てられ、1688年、全羅南道海南郡に鳴梁大捷碑が建立された。1705年、忠清南道牙山市に祠堂が建てられ、粛宗顕忠祠と命名。死後約200年経った1793年には、朝廷により正一品議政府領議政(首相職)を追尊された。

李舜臣の名は、明史朝鮮伝や懲毖録[15]、乱中雑録、征韓録[12]など中国、朝鮮および日本の各種文献に採録され、李氏朝鮮期の作とされる『壬辰録[16]』にも登場し、朝鮮通信使として同行していた申維翰は大阪の書店で懲毖録などの朝鮮の書籍を見つけたことを海遊録[17]に記しているが、江戸時代は幕府と李氏朝鮮は友好的で、中国、朝鮮および日本の大衆とってはことさら注目される存在ではなかった。

しかし明治維新で征韓論が勢いを持つようになり、日本の大陸進出から朝鮮が日本統治期になる過程で、再び前時代が注目されるようになって、李舜臣は、日本人および朝鮮人の文学者や研究者により再評価された[18]。 当時中国の上海で活動していた大韓民国臨時政府は日本を撃退した英雄として李舜臣を象徴化[19]し、彼の伝記を独立新聞に載せるなど[20]盛んに喧伝して抗日の先駆者と見なすようになった。

臨時政府の流れを一部[21]汲む現在の大韓民国ではその評価が継承されているため、李舜臣は国を象徴する国民的英雄とされた。肖像画が紙幣硬貨に描かれたり、韓国ソウルの官庁街である世宗路には、銅像が建てられている。これは朴正煕軍事政権下に力の象徴として設置されたと言われる[22]。なお、他にも釜山龍頭山公園木浦など、朝鮮半島南海岸に数多くの李舜臣の銅像が建てられている。

その他[編集]

  • 倉山満は「生涯を通じて文官に迫害され、日本統治時代までその戦功は無視され、朝鮮人に忘れられていた」[23]と評した。

俗説と誤解[編集]

  • 従来、日本軍の補給不足を李舜臣の補給路遮断によるものと解釈されることが多かったが、補給不全が生じていたのは内陸部に進出した部隊に対してであって、全戦役を通じて九州から釜山までの海路における物資や人の流通が決定的な補給不全を起していたことはなく、したがって日本軍の補給路が李舜臣率いる朝鮮水軍によって「遮断された」と解釈するのは誤りとする見解が近年趨勢となっている。日本軍の食糧不足の主な原因として、緒戦の朝鮮軍が想像以上に弱体であったため、一挙にほぼ全土を占領したため補給線が伸び切ったこと、和戦の曖昧な侵攻による食料の準備不足、日本側が食糧の現地調達を想定していたが、当時の朝鮮半島はかなりの食糧不足であったことなどが挙げられている。そして、これらは1593年からの日本本土からの補給作戦の開始と主力軍の朝鮮南部撤退によって解消されており、準備を整えた慶長の役の侵攻作戦では補給の破綻は起きていない(『歴史群像』2010年4月号「朝鮮出兵渡海作戦」記事参照)。
  • しばしば「李舜臣は亀甲船の考案者であった」という説明[24]がされることがあるがこれは定説とは言えない。亀甲船の現地名である「亀船」に関する記述はすでに15世紀のものに見られる[25]。また文献には朝鮮水軍は亀甲船を5隻保有していたとあるが、基本的に主力艦は板屋船であって、亀甲船がどういうもので、どのように運用され、どういう戦果を挙げたのか、不明な点が多い。また李舜臣は亀甲船を改良したという説[26]もあるが、もともとがどういうものであったか、どう改良したのかわかるような資料は存在せず、根拠のある説明をすることはできない。
  • 東郷平八郎が李舜臣を尊敬すると発言した」とする言説については、東郷が公の場でそのような発言をしたという記録はなく、現在のところ東郷と知己であったという韓国人実業家李英介の発言を第三者が聴取した伝聞[27][28]以外の記述は見い出すことが出来ない。このため史料と呼べるものはなく、東郷にまつわる歴史点描としては伝聞・風説の域を出ない。日本海軍が海軍権益拡大(軍艦建造と組織の拡大)のため李舜臣を引き合いに出して朝鮮出兵の敗因として宣伝したり[29]、内鮮融和のプロパガンダ[30]、戦後独立した韓国・北朝鮮で抗日のシンボルとして利用された[22]ことにも留意する必要がある。

その他[編集]

著書[編集]

  1. ISBN 4582806783
  2. ISBN 4582806821
  3. ISBN 4582806856
  • 『乱中日記草・壬辰状草』 <朝鮮史料叢刊>第一書房

李舜臣を題材とした作品[編集]

小説[編集]

  1. 新潮社、2005年。ISBN 4-10-575701-6
  2. 新潮文庫、2008年。ISBN 978-4-10-216971-1
  • 荒山徹著、『高麗秘帖 朝鮮出兵異聞 李瞬臣将軍を暗殺せよ』
  1. 祥伝社、1999年。
  2. 祥伝社文庫、2003年。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

関連図書[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 罰として将の資格を奪い、(身分の低い者を意味する)白装束の一兵卒として従軍させる屈辱刑。
  2. ^ a b 徳富猪一郎 国立国会図書館デジタルコレクション 『豊臣氏時代 丁篇 朝鮮役 上巻』第7巻 民友社〈近世日本国民史〉、1935年、630-639頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223744/334 国立国会図書館デジタルコレクション 朝鮮史編修会 (漢文調) 国立国会図書館デジタルコレクション 『朝鮮史. 第四編第九巻』 朝鮮総督府、1937年、468-469頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3439892/277 国立国会図書館デジタルコレクション 
  3. ^ 柳成龍『
  4. ^ 慶長2年(1597年)2月21日付朱印状『立花家文書』等
  5. ^ 「舜臣は、進撃して大いにこれを撃破し、賊船二百余艘を焼き払い、数えきれないほどの賊を殺獲し、(賊を)追いながら南海との界(=露梁)にまで至った。舜臣は危険をものともせず、みずから力戦していたが、飛来した弾丸がその胸に命中し背中に抜けた。左右の者が帳中に扶け入れた。舜臣は『戦いはまさに切迫している。くれぐれも私の死を知らせぬように』と言い、いい終わるや息絶えた。」東洋文庫『懲毖録』訳・朴鐘鳴
  6. ^ 『十月。劉提督再攻順天賊営。統制使李舜臣。以舟師大敗其救兵於海中。舜臣死之。賊将平行長。棄城而遁。釜山蔚山河東沿海賊屯悉退。時行長築城干順天居芮橋堅守。劉綖以大兵侵攻不利。還順天。既而復侵攻之。李舜臣輿唐将陳璘。扼海口以逼之。行長求援於泗川賊沈安頓吾。頓吾従水路来援。舜臣進撃大破之。焚賊舟二百餘艘。殺獲無算。追至南海界。舜臣親犯矢石力戦。有飛丸中其区胷出背後。左右扶入帳中。舜臣曰。戦方急。慎勿言我死。言訖而絶。』(朝鮮群書大系.懲毖録全、朝鮮古書刊行会・大正2年、国立国会図書館デジタル化資料)P.66、コマ番号P.36[1]
  7. ^ 『乱中雑録』「賊兵殊死血戦、勢不能支、乃退入観音浦」
  8. ^ 『乱中雑録』「砲賊伏於船尾、向舜臣斉発、舜臣中丸、不省人事」
  9. ^ 他舟誤擲火器入子龍舟、舟中火、賊乘之、子龍戰死。舜臣赴救、亦死。
  10. ^ 「流れ弾」について『韓国通史』P.285(乙酉文化社史2003年改訂版18刷)では「露梁海上で日本軍の退路を塞いで殲滅しようとした李舜臣は不幸にも流れ弾に当たって戦死してしまった」とする。「中・近世の韓日関係史に関する認識の共通点と相違点」孫承喆(日韓歴史共同研究第一回報告書第2分科、中近世)[2]PDF-P.12
  11. ^ 参謀本部 編. “日本戦史. 朝鮮役 (文書・補伝)”. 近代デジタルライブラリー. 2013年12月11日閲覧。
  12. ^ a b 島津光久家老であった島津久通が、寛文11年(1671年)に編纂した文禄慶長の役のてん末を記した書物。
    島津久通. “征韓録”. 鹿児島大学附属図書館コレクション・玉里文庫. 2013年12月11日閲覧。
  13. ^ ノ・スンソク (2014年8月10日). “李舜臣の英雄化で根拠なき自殺説・隠遁説が横行”. 朝鮮日報. http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/09/2014080900761.html 2014年8月10日閲覧。 
  14. ^ 權慄と元均とは同列である。
  15. ^ 貝原益軒の序文と朝鮮地図を付け加えて元禄8年(1695年)京都の大和屋伊兵衛により日本語版が出版されている。
  16. ^ 壬辰録文禄・慶長の役を題材にした架空物語であり、作者・執筆年代の詳細は不明。李舜臣と高僧達が日本まで踏み込んで行き、道術で日本国王を降参させ悔悛させるという内容。ハングルで書かれたものと漢文で書かれたものがある。稀覯本であり、この物語が朝鮮民衆に広く流布していたという学術上の検証はない。
  17. ^ 申維翰; 姜在彦訳 『海游録—朝鮮通信使の日本紀行』 平凡社1974年ISBN 4582802524 
  18. ^ 最初期の研究には木下真弘「豊太閤征外新史」(1893年)や北豊山人「文禄慶長朝鮮役」(1894年)があり、1908年には申采浩「水軍第一偉人 李舜臣傳」(独立運動研究所)、1931年に崔南善「壬辰乱」(東明社)がある。『壬辰倭乱の歴史的意味』鄭求福、『壬辰倭乱(文禄・慶長の役)研究の現況と課題』朴晢晄(日韓歴史共同研究報告書 第2分科篇)
  19. ^ 前述のように朝鮮水軍の一将にすぎない李舜臣が倭乱鎮定のすべての功績を担ったわけではないが、次第に彼の役割が実際よりも大きく扱われるようになった。
  20. ^ 1923年 2月に朴殷植(朴殷植)が編著して発行した。「救国の名将李舜臣」
  21. ^ 臨時政府は内紛で分裂し、国際的承認も得られなかったので、そのまま韓国政府となったわけではないが、メンバーの1人であった李承晩が韓国初代大統領となり、北朝鮮が金日成を抗日英雄として喧伝したのに対抗して李舜臣などを抗日英雄として象徴化した。
  22. ^ a b “李舜臣銅像は「日本の気を抑えるため」”. 中央日報. (2004年4月9日). http://japanese.joins.com/article/531/50531.html 2013年12月12日閲覧。 
  23. ^ 倉山満『嘘だらけの日韓近現代史』
  24. ^ 全国歴史教育研究協議会(編) 『日本史B用語集—A併記』 山川出版社2004年ISBN 4634013029 これには「亀甲船を考案して日本軍の補給路を攪乱した」と書いてある。
  25. ^ 太宗実録・太宗13年(1413年)の条に十三年二月五日甲寅「上過臨津渡觀龜船倭船相戰之狀」、十五年七月十六日辛亥「其六龜船之法衝突衆敵而敵不能害可謂決勝之良策更令堅巧造作以備戰勝之具」とある。
  26. ^ 下記の外部リンクにある韓国・慶尚南道のサイト
  27. ^ 『あなたのお国の李舜臣将軍は私の先生です』(中略)『自分はネルソンに比べられるかも知れない。しかし李舜臣は私を越えている』。藤塚明直 『一九三二・土州の沖は : 旧制高校旧制中学同窓誌に雄叫ぶ』 文芸社、2000年ISBN 4887379617 
  28. ^ 安藤彦太郎・寺尾五郎・宮田節子・吉岡吉典(編)『日・朝・中三国人民連帯の歴史と理論』(日本朝鮮研究所、1964年。ASIN B000JAF9VG)にも記述が見られるが、こちらの一文については肝心の起筆者が不明で、誰から聴取したのか聴取元も不明という状態である。
  29. ^ 『朝鮮役水軍史』 有馬成甫、空と海社、1942年。ASIN B000JA6H3A
  30. ^ 詩人金素雲は、日本海軍の鎮海司令部では毎年李舜臣をお祀りしていたと記述している。金素雲 『近く遥かな国から』 新潮社、1979年ISBN 4103342013 ASIN B000J8BY26
  31. ^ 「安重根と李舜臣、会場に巨大な幕 サッカー東アジア杯」 朝日新聞 2013年7月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]