水野俊平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水野 俊平
(みずの しゅんぺい)
人物情報
別名 野平 俊水
(のひら しゅんすい)
生誕 1968年1月5日(46歳)
学問
活動地域 北海道室蘭市
研究分野 朝鮮語学
研究機関 北海商科大学
特筆すべき概念 けったい本
主要な作品 日本人はビックリ!韓国人の日本偽史』(2002年
韓国の若者を知りたい』(2003年
韓vs日「偽史ワールド」』(2007年
韓国の歴史』(2007年
学会 朝鮮学会国語学会 (韓国)計量国語学会地名学会朝鮮研究会
テンプレートを表示

水野 俊平(みずの しゅんぺい、1968年(昭和43年)1月5日 - )は日本の朝鮮語学者。北海商科大学教授文学博士野平 俊水(のひら しゅんすい)というペンネームで執筆することもある。「韓国で一番有名な日本人」と呼ばれた[1]

経歴[編集]

北海道室蘭市出身。登別南高等学校を経て、1990年(平成2年)に天理大学外国語学部韓国文化学科卒業。韓国の国立全南大学校国語学部国語学科大学院留学し、1993年(平成5年)に修士学位をとり、1995年に博士課程を修了、同大学の日本語学科非常勤講師として働き始めた[2]。2001年に博士の学位を取った[3]

1998年から、韓国にいる日本人識者として、しばしば韓国のテレビ番組に出演し、CMにも出演した[2]全羅道方言で韓国と日本のことをジョーク交じりで話すことが茶の間に受け「もっとも有名な在韓日本人」といわれた[4]。その模様は、2005年(平成17年)2月6日に放送された日本のドキュメンタリー番組夢の扉 〜NEXT DOOR〜』(第18回)でも紹介されたことがある[5]。妻は韓国人で3人の息子がいる。

2005年に韓国でネットへの投稿がきっかけでバッシングを受けた[3]。「野平俊水」名義で日本で出版した本『日本人はビックリ!韓国人の日本偽史』の中に日本の右翼的な歴史認識に立った記述があると報じられた。そのため「親韓を装う裏で日本の右翼と手を組んでいる」と韓国のネチズンに批判され、韓国のテレビ番組でも「“極右ミズノ”の正体を暴く!」と採り上げられた。このため2005年2月に全南大学校を退官し[6]、2006年に日本に帰国、北海商科大学で教授に就任し、朝鮮語を教えている[7]

エピソード[編集]

登別南高校の文芸部[8]にいた時に、同級生から「これからはアジアの時代だ。アジアに羽ばたくのは水野、おまえしかいない」と言われた事がきっかけで、韓国にのめり込んだ[9]

大学2年の時に先生に頼まれて、韓国から日本に来た慶煕大学女子ホッケー部の通訳を任された。韓国に留学すると、偶然、近くに天理大学に来ていた女子ホッケー選手の実家があり、1995年に結婚した。妻は完全に体育会系である[2]

テレビ収録のため。、週2回はソウルと光州を往復する生活が4、5年続いた。韓国生まれの長男は日本語が話せないので、ソウルの日本人学校に入れようとしたが、学校近くに住むために妻が子供を連れソウルに行った。ソウルで家を借りるために5千万ウォンの借金をし、テレビの出演料は全部消えた。指導教授からは「早く日本に帰って韓国語を教えろ」と言われもした[3]

バッシングを受けて、テレビ出演が全くなくなった。大学講師だけでは、ソウルで子供3人抱えて生活できるだけ稼げず、精神的に苦しかった。テレビに出たことが、勉強に良くなかった。学者は論文を書くのが本分だから、「またテレビに出て」と誘われても「他の人にして下さい」と言っている[10]

著書[編集]

単著[編集]

以下は野平名義

共著[編集]

以下は野平名義

解説・監修[編集]

朝鮮語による著書[編集]

  • 속 터지는 일본인 (Japanese people bursting from inside). Yongnak. (June 2000). ISBN 8995057157. 
  • 다테마에를 넘어 일본인 속으로 (Beyond tatemae, inside Japanese people). Joheun Chaek Mandeulgi. (December 2000). ISBN 8989222079. 
  • 한국인을 바보로 만드는 엉터리 책 비판 (A Critique of Lousy Books That Make Fools of Koreans). Aidio. (March 2003). ISBN 8990001080. 

論文[編集]

語学書[編集]

  • 미즈노 선생님과 함께 일본어 급소찌르기 (Get to the Vital Points of Japanese with Mizuno-Sensei). Munyerim. (March 2002). ISBN 8974821915. 
  • 미즈노 선생의 액션 일본어 회화 2 (Mizuno-Sensei's Action Japanese Conversation 2). J Plus. (August 2002). ISBN 8992215207. 
  • 미즈노 선생의 동시통역 일본어회화사전 (Mizuno-Sensei's Simultaneous Interpretation Japanese Conversation Dictionary. J Plus. (August 2002). ISBN 8988701313. 
  • 일본어작문 플러스 (Japanese-language Composition Plus). J Plus. (March 2000). ISBN 8988701100. 
  • Action Japanese. J Plus. (September 2004). ISBN 8988701658. 
  • 미즈노의 120분 일문법 (Mizuno's 120-minute Japanese Grammar). Nexus Japanese. (August 2005). ISBN 8991795013. 
  • 현지에서 바로 통하는 일본어 회화표현 500 (500 Japanese conversational expressions you can use right away). Nexus Japanese. (October 2006). ISBN 8991795773. 

脚注[編集]

  1. ^ 野平 2003b
  2. ^ a b c 【話の肖像画】水野俊平・北海商科大学教授(45)(3)ホッケーが取り持つ縁で結婚 韓国人の妻は完全に体育会系 産経新聞 2013年7月10日
  3. ^ a b c 【話の肖像画】水野俊平・北海商科大学教授(45)(4)「水野教授」、韓国で人気絶頂から突然バッシング… 産経新聞 2013年7月11日
  4. ^ ゲスト水野俊平さん(北海商科大学教授)”. 北海道放送『中村美彦の無頼放談』公式サイト (2008-05-00). 2014年12月9日閲覧。
  5. ^ 2005年2月6日放送「韓国語教育を通じて日韓文化交流の架け橋になりたい」”. TBS『夢の扉』番組公式サイト (2005年2月6日). 2014年12月9日閲覧。
  6. ^ “水野教授「愛情あっての韓国批判」” (日本語). 中央日報日本語版 (中央日報). (2005年3月3日). http://japanese.joins.com/article/063/61063.html?servcode=400&sectcode=400 2012年10月10日閲覧。 
  7. ^ 黒田勝弘 (2006年3月18日). “【外信コラム】ソウルからヨボセヨ 韓国を去った人”. 産経新聞 (産経新聞社). http://mirs.web.fc2.com/log/060408/1142655922.html 2012年10月10日閲覧。 
  8. ^ 【話の肖像画】水野俊平・北海商科大学教授(45)(1)「韓国で最も有名な日本人」が書きたかった朝鮮庶民生活 産経新聞 2013年7月8日
  9. ^ 【話の肖像画】水野俊平・北海商科大学教授(45)(2)ベストセラー、AMラジオ…「韓国」にのめり込んだ高校時代 産経新聞 2013年7月9日
  10. ^ 【話の肖像画】水野俊平・北海商科大学教授(45)(5)韓国での壮絶な非難…そして帰国 水野教授「人気は麻薬でした」 産経新聞 2013年7月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]