全羅道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全羅道
各種表記
ハングル 전라도
漢字 全羅道
発音 チョルラド
日本語読み: ぜんらどう
ローマ字 Jeolla Province
テンプレートを表示

全羅道(チョルラド、ぜんらどう)は、李氏朝鮮の行政区分朝鮮八道の一つ。名前の由来は、現在全羅北道に属する全州と、全羅南道に属する羅州の頭文字。一時、全南道、全光道と呼ばれたこともある。

現在の韓国の行政区分、全羅北道全羅南道済州特別自治道光州広域市に相当する。

慶尚道出身が多い韓国の歴代大統領の中で、唯一金大中だけが全羅道出身である。韓国の主要政党の一つで、最大野党でもある新政治民主連合中道左派政党)の強固な支持基盤となっている地域でもある。

「経国大典」による道内地方区分[編集]

府(長官:府尹)[編集]

  • 全州府

牧(長官:牧使)[編集]

  • 羅州牧、済州牧、光州牧

都護府(長官:都護府使)[編集]

  • 南原都護府、長興都護府、順天都護府、潭陽都護府

郡(長官:郡守)[編集]

  • 宝城郡、益山郡、古阜郡、霊巖郡、霊光郡、珍島郡、楽安郡、淳昌郡、錦山郡、珍山郡、金堤郡、砺山郡

県(長官:県令)[編集]

  • 昌平県、龍潭県、臨陂県、万頃県、金溝県、綾城県

県(長官:県監)[編集]

  • 光陽県、龍安県、咸悦県、扶安県、咸平県、康津県、玉果県、高山県、泰仁県、沃溝県、南平県、興徳県、井邑県、高敞県、茂長県、務安県、求礼県、谷城県、長城県、珍原県、雲峯県、任実県、長水県、鎮安県、茂朱県、同福県、和順県、興陽県、海南県、大静県、旌義県

出身有名人[編集]

関連項目[編集]


前の行政区画
(高麗)全羅道
全羅南道全羅北道
歴史的行政区画
- 1895年
次の行政区画
二十三府制十三道制を挟んで)
全羅北道 (日本統治時代)
全羅南道 (日本統治時代)