ユ・スンホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユ・スンホ
유승호
유승호
生年月日 1993年8月17日(21歳)
出生地 韓国・仁川(インチョン)
国籍 韓国の旗 韓国
身長 175cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
ユ・スンホ
各種表記
ハングル 유승호
漢字 兪承豪
発音: ユ・スンホ
ローマ字 Yoo Seung-ho
テンプレートを表示

ユ・スンホ유승호、兪承豪 、1993年8月17日[1] - )は、子役から活躍している韓国俳優である。 身長は175cm[1]、血液型はA型。趣味はインターネット、コンピューターゲーム、ゲーム。特技はローラーブレイド。 デビューは1999年のn016広告。

プロフィール[編集]

  • 2000年ドラマ《カシコギ》で演技を始める。2002年イ・ジョンヒャン監督の映画《おばあちゃんの家》のサンウ役で、国民的子役スターとなる。 その後、映画《マウミ…》、ドラマ《拝啓、ご両親さま》、《太王四神記》、《王と私》等を通して多方面の子役演技を披露し、演技力の高さ、人気の高さで、国民の弟、と呼ばれる。高等学校1学年になった2009年に担った《善徳女王》の金春秋役から、子役ではなく本格的な成人演技を始めた。以後ドラマ《ドラゴン桜(韓国版)》、《欲望の炎》、《ペク・ドンス》、《会いたい》、映画《ブラインド》などで演技の幅を広げる。

2013年3月5日、自身のファンカフェ、Talk To U (http://m.cafe.daum.net/skyhigh-0817) だけに知らせて静かに入隊した。江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)の102補充隊に入隊し、捜索大隊、27師団イギジャ部隊に配置され、助教に補職を変更され、新兵教育を担当し、2014年12月4日除隊した。次回作は、映画《조선마술사(朝鮮魔術師)》(キム・デスン監督)を予定している。

  • 2011年7月29日午前、SBSドラマ「ペク・ドンス」側によるとユ・スンホは、ソウル市内から撮影現場へ移動中、乗っていた車が安東(アンドン)付近の高速道路でスリップし、事故を起こした。ユ・スンホは、目尻を骨折する怪我を負ったが、応急処置を受けて撮影現場へ向かった。本人は、撮影を行う意志を明かしたが、制作陣がユ・スンホを引きとめ、ソウルへ戻って治療を受けた。[2]
  • 2011年2月9日、白新高校卒業。国内の有名大学から特例入学を誘われたが、進学はせずに、入隊した。

出演作品[編集]

ドラマ[編集]

  • 少年は泣かない(MBC 2001年)トゥサン役
  • 駐車場での出来事(MBC 2001年)
  • オールザットラーメン(MBC 2003年)ジュニョン役
  • 冬鳥の夢(MBC 2003年)ジュノ役
  • 愛しのクレメンタイン(MBC 2004年)セボム役

映画[編集]

  • おばあちゃんの家 (2002年)
  • ハッピー☆クリスマス (2003年)特別出演
  • 非日常的な彼女 (2004年)
  • マウミ… (2006年)
  • ソウルが見える? (2008年)
  • 40minutes (2009年)
  • 父、山(2009年)
  • Astro Boy (2010年) アニメ、吹き替え
  • 庭を出ためんどり(2011年)アニメ、吹き替え
  • ブラインド(2011年)
  • 記憶の欠片(2012年)

CM[編集]

  • N016 Cellphone (1999)
  • Choco Pie(1999)
  • Paparino(2000)   
  • THINK BIG (2000,2001,2002)
  • EVERLAND (2001)
  • i BOOK LAND (2001)
  • Afkilla Plus (2002)
  • Wheat Noodles (2002)
  • Einstein milk (2002)
  • MARU i (2003-2008)
  • WILO LG (2005)
  • ChocoHeimクラウン製菓 (2009,2010)
  • KOREA YAKULT SUPER 100(2009)
  • LG OZ (2009)
  • MARU (2009,2010)
  • Mr.Pizza(2009,2010)
  • BEAN POLE(2009)
  • ACNE(2009)
  • Dimchae (2010)
  • iriver (2010,2011)
  • Adidas (2010,2011,2012)
  • Customellow (2011)
  • G by guess (2012)
  • SKY VEGA S5(2012)
  • U&B (2013)
  • 陸軍公益広告(2013,2014)

PV[編集]

  • 김장훈"미안해"(2001)

KimJangHoon"I'm Sorry"

  • 드래곤플라이"사진"(2002)

Dragonfly"photo"

  • 소냐"눈물이나"(2002)

Sonya"Tears flow"

  • 듀크"두번째 소원"(2002)

DUKE"The second wish"

  • 린"사랑에 아파 본 적 있나요"(2002)

Lyn"Have You Ever Been Heart by Love?"

  • 팀"고마웠다고"(2004)

Tim"I Was Thankful"

  • 브라운 아이즈"가지마 가지마"(2008)

Brown Eyes"Don't Go, Don't Go"

  • G"고독한인생"(2008)

G"A Lonely Life"

  • 조성모"그녀를 잘 부탁합니다"(2009)

Jo Sung Mo"Take Care of Her"

  • 티아라"거짓말 Part.1"(2009)

T-ARA "LIES"コジンマル(거짓말)(嘘)

  • 아이유&유승호"사랑을 믿어요"(2010)

IU&Yoo Seung Ho "Believe in Love"

  • 더 원&태연"별처럼"(2010)

The One & TaeYeon (SNSD)"Like A Star"

  • 송아영"우린 할 수 있어"(2011)

Song Ah Young "We Can Do It"

  • 허각"그 노래를 틀 때마다"(2011)

Huh Gak with LE's "Whenever You Play that Song"

  • 핀"아직 소년"(2011)

Fin"He is still a boy"

  • 소지섭"지우개"(2013)

So Ji Sub "Eraser"

受賞歴[編集]

  • 2002年 若い芸術家賞
  • 2005年 KBS演技大賞 青少年演技賞
  • 2007年 第1回大韓民国映画演技大賞 子役賞
  • 2007年 SBS 演技大賞 子役賞
  • 2008年 第2回 Mnet 20's Choice ホット歳下賞
  • 2009年 第4回 アンドレ・キム ベスト スター アワード スター賞
  • 2009年 MBC 演技大賞 新人賞
  • 2010年 第26回 コリアベストドレッサー スワン賞 タレント部門

脚注[編集]

  1. ^ a b 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年6月28日閲覧。
  2. ^ 俳優ユ・スンホ、交通事故で顔面骨折 中央日報日本語版(2011年7月29日) 2012年9月25日観覧。