大鐘賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大鐘賞
主催 韓国映画人協会韓国放送公社中央日報
司会 シン・ヒョンジュンハ・ジウォン(第50回)[1]
開催日 2013年11月1日 (2013-11-1)(第50回)[1]
韓国の旗 韓国
授賞式会場 汝矣島KBSホール(第50回)[1]
初回 1962
最新回 2013
最新受賞者 『観相』
公式サイト www.daejongfilmaward.kr
テレビ放送
放送局 KBS(第50回)[1]
テンプレートを表示
大鐘賞
各種表記
ハングル 대종상
漢字 大鐘賞
発音 テジョンサン
日本語読み: テジョンしょう
英語 Daejong award / Grand Bell award
テンプレートを表示

大鐘賞(テジョンしょう)は、大韓民国映画賞。創設は1962年で、青龍賞(朝鮮日報社主催)とともに権威ある映画賞とされ、「韓国のアカデミー賞」と称されることがある。現在は韓国映画人協会を中心にKBS(2010年までSBS)・中央日報社などが主催している。

沿革[編集]

国内映画産業の振興を目的として1959年にはじめられた文教部による優秀国産映画賞が源流で、1962年公報部に主管が移され、その下で第1回大鐘賞映画祭が開催された。長らく政府主導の映画賞であり、1970年代から80年代にかけては「反共部門」「啓蒙部門」なども存在した。1991年までは政府からの補助金を受けていた関係でその影響下におかれていたが、1992年からは民間主導に移り、経済不況による中断などを含みながら現在に至っている。

毎年10月ないし11月に「大鐘賞映画祭」が行われ、授賞式が行われる。2008年までは夏に開催されていた。

授賞部門[編集]

2007年(第44回)の授賞部門は以下の通り。

  • 最優秀作品賞
  • 監督賞
  • 男優主演賞
  • 女優主演賞
  • 男優助演賞
  • 女優助演賞
  • 新人監督賞
  • 新人男優賞
  • 新人女優賞
  • 人気賞
  • 企画賞
  • シナリオ賞
  • 撮影賞
  • 照明賞
  • 編集賞
  • 映像技術賞
  • 音響技術賞
  • 音楽賞
  • 美術賞
  • 衣装賞


逸話[編集]

主要部門受賞者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この年度より規約が改正され、外国籍の出演者、スタッフへのノミネートや受賞が可能となった。仲村の他、『インディアン・サマー』の音楽監督であるミヒャエル・シュタウダッヒャードイツ)と、『MUSA -武士-』の衣装担当である黄寶榮中国)もノミネートされた[2]

文献[編集]

  1. ^ a b c d 조경이 한재림 감독 '관상', 제50회 대종상 최우수작품상 수상 '6관왕' (朝鮮語) star.ohmynews.com 2013.11.1付記事
  2. ^ '집으로…' 대종상서 주요 3개부문 석권 (朝鮮語) ハンギョレ 2002.5.26付記事
  3. ^ [대종상 영화제] 4월8일 국립극장서 개최 (朝鮮語) hankooki.com 1999.2.12付記事

関連項目[編集]

外部サイト[編集]