ユナ (少女時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユナ
}
基本情報
出生名 イム・ユナ(윤아、Lim Yoon-A)
出生 1990年5月30日(24歳)韓国の旗 韓国ソウル
出身地 韓国の旗 韓国
血液型 B型
ジャンル K-POP
職業 歌手女優
活動期間 2007年 - 現在
レーベル SMエンターテインメント
共同作業者 少女時代
公式サイト 少女時代 公式HP


ユナ
各種表記
ハングル 윤아
漢字 潤娥[要出典]
発音: ユナ
ローマ字 YoonA
各種表記(本名)
ハングル 임윤아
漢字 潤娥[要出典]
発音: イム・ユナ
ローマ字 Lim Yoon-A
テンプレートを表示

ユナ(윤아[1]、YoonA、本名:イム・ユナ(임윤아、Lim Yoon-A、林潤娥[要出典])、1990年5月30日 - )は、韓国ソウル特別市出身の女優歌手として女性アイドルグループ「少女時代」のメンバーに所属している。少女時代では「少女時代の顔」として「センターポジション」[2]の他、「リードダンサー」の立場でもある。女優と歌手の二つの顔を持つが、先輩の女優は「ユナはアイドルではなく女優」と話す[3]。2013年8月22日にラブレインの映画化が発表され、女優として初の映画出演を果たす。身長166cm、体重48㎏、血液型はB型、星座はふたご座。家族構成は父、母、姉。

略歴[編集]

  • 2002年、SMエンターテインメントの公開オーディションを受けて合格し、練習生となる。5年2カ月の練習期間を経て、2007年に少女時代のメンバーとしてデビュー。
  • 2008年、KBSのドラマ「君は僕の運命」で主演。同作品は視聴率40%を超え[4]、ユナはKBS演技大賞の女性新人賞とネチズン賞を受賞した。
  • 2009年2月、大永高等学校を卒業。3月には東国大学校演劇学部に入学[5][6][7]
  • 2009年、MBCのドラマ「シンデレラマン」に出演。百想芸術大賞にて女性新人賞、人気賞を受賞。
  • 2012年、KBSのドラマ「ラブレイン」で主演[8]KBS 演技大賞にてネチズン賞を受賞。

人物・エピソード[編集]

  • 練習生時代からドラマや先輩グループのミュージックビデオに出演しており、美人と評判で有名だった。
  • ヘアスタイルはロングヘアを好みとし華のある「少女時代の顔」「センター」として他のメンバーからも認められる存在である。少女時代のセンターポジションとして、本人はインタビューで「最初はプレッシャーがあったが、今はもう慣れていると思う」と答えており、「メンバーがセンターに立たせてくれる」と述べている[9]
  • 趣味は自分で空の風景の写真をとることで、ファンクラブで自分のとった写真を貼り話題となった。
  • 一般人が、女神のような美貌だと撮影した写真をSNSに投稿し話題となった事がある[10]。また、タイで目撃されたユナは「まるでマネキンのようだ」と評されファンによって撮影された画像が出回った[11]
  • 同所属事務所の評価では、東方神起チャンミンが事務所に入所した際、人生で『心底美人だと思った二人の女性』の内の一人にユナの名前を挙げている[12]SHINeeのテミンも練習生時代にユナを目撃し、「芸能人とは本当に選ばれた人しかなれないんだ」と感じたと話した。
    他にSUPER JUNIORイトゥクヒチョルイェソンウニョクキュヒョンもユナを「SMエンターテインメント内で一、二を争う美女である」といった趣旨の発言をしている。
  • ステージでの立ち位置はセンターを務めることが多いが、歌はあまり得意ではないため、歌のパートは少ない。逆にダンスの実力はヒョヨン、ユリに次いで3番手に挙げられる事が多い。
  • デビュー当時には「魅力少女」というキャッチフレーズが付けられたが、本人はこの呼び名を恥ずかしがっており、自ら名乗ることはない。また、髪の毛が地面につきそうなほど深く頭を下げて挨拶する姿から「折り曲げ携帯」というニックネームや、大きく口を開けて笑うことから「ワニユナ」「ヒラメ顔」というニックネームで呼ばれることもある。
  • 飾らない気さくな性格で、バラエティ番組では変顔やモノマネも披露する。よくメンバーにイタズラをして喜ぶのでメンバーからは「小学生男子」と言われる。「少女時代のハローベイビー」では、塩を大量に入れた海苔巻きを作ってメンバーに食べさせるというイタズラを行った。またサニーが疲れて寝ているときに、ユナが「子どもの泣きまね」をしてうるさかったので、本気で怒られたことがあるという。
  • 少女時代のメンバーの中では、ソヒョンの次に若い[13]。年上のメンバーを「オンニ(お姉さん)」と呼んで慕っている。
  • スヨンたちの話によると、少女時代の中でよく食べるメンバーはユナで、とくに韓食が好きだという[14]。好きな日本食は「寿司、かつサンド、ひつまぶし」
  • SMAP木村拓哉が理想の男性であることを公言しており、彼が出演したドラマは全て見たという。2011年12月19日放送のフジテレビ「HEY!HEY!HEY!」にて共演を果たした際には、木村拓哉の後ろの席ではしゃぐような笑顔を見せた。韓国内の芸能人での理想にはヨン・ジョンフンを挙げており、長い間憧れの人物である事を語っている。
  • ティファニーの話によると、ユナは個人でCMやドラマに多く出演しているので、少女時代のメンバーの中で最もギャラが多いという[15]。SBSの番組「K-STAR news」の調べによると、ユナは2012年上半期だけでもドラマと20本のCMに出演し、1人で40億ウォン(約2.8億円)を越える収益を上げているという[16]
  • 韓国の小学校の社会科の教科書にユナの写真が掲載されたことがある[17]
  • 座右の銘は「責任を負うことができる人になろう」、好きな言葉は「後悔しないで生きよう」[18]
  • 2009年に、ある歌番組の収録中にユナがティファニーのスカートをめくった場面が撮影され、いじめではないかと話題になった。実際にはスカートをピンで留めているか確認しただけだったが、そのことについてインタビューで度々質問されるので、ユナは一時期カメラ恐怖症になったという[19]
  • 2012年の日本のセンター試験の設問に、ユナとユリが登場し話題となった[20]
  • 2014年元日に歌手で俳優のイ・スンギとの交際を発表し、韓国芸能界20代のトップスターカップルの誕生は高い注目を集めた[21]

音楽活動[編集]

  • Innisfree Day (2010年、コスメブランド「innisfree」のキャンペーンソング)

出演[編集]

ドラマ[編集]

バラエティ[編集]

  • 家族がやってきた2

ミュージックビデオ[編集]

CM[編集]

  • Innisfree (2009年 - )
  • Eider (2012年 - )
  • CIBA VISION「DAILIES」「FRESHLOOK」(2012年 - )[22]
  • SKテレコム(2013年)LTE無限の能力、눝(ヌッ) [23]

受賞歴[編集]

年度 受賞歴
2008
2009
2010
  • 第46回百想芸術大賞 - 人気賞
2012
  • 韓国大衆文化芸術賞 - 国務総理 表彰
2012

参考文献[編集]

  • 『少女時代見聞録』少女時代研究会:編、蒼竜社、2010年
  • 『最高K-POP GIRLS vol.2』オークラ出版:2011年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 正式には「ユン - ア」と読むが、 nとaの音がつながって「ユナ」と発音される。
  2. ^ 少女時代 ユナ「センターにプレッシャーはない、今はもう慣れている」Kstyle 2013年02月09日
  3. ^ コン・ヒョジン「少女時代 ユナはアイドルではなく後輩女優」」Kstyle 2013年05月26日
  4. ^ 『君は僕の運命』、視聴率41.5%突破「KNテレビジョン」2008年12月17日、2010年1月16日閲覧
  5. ^ ソンイェとユナ、東国大学に合格 中央日報 2008年11月5日
  6. ^ 少女時代ユナ&スヨン、11日共に高校卒業 innnolife.net 2009年2月11日
  7. ^ ワンダーガールズのソネと同期である。
  8. ^ グンソク&ユナ主演ドラマ「ラブレイン」 ポニーキャニオンが日本放送権獲得wow!korea 2011年11月17日
  9. ^ 少女時代 ユナ「センターにプレッシャーはない、今はもう慣れている」Kstyle 2013年02月09日
  10. ^ 少女時代 ユナの日常写真が話題に“女神のような美貌”Kstyle 2013年04月08日
  11. ^ タイで目撃された少女時代ユナがマネキンみたいだと話題に2013年05月23日
  12. ^ もう一人はイ・ヨニ
  13. ^ スヨンは2月生まれなので1つ上の学年となる。
  14. ^ Mnet「ビートルズコード」2011年12月8日
  15. ^ 「少女時代」ティファニー告白「メンバーで最も収入が多いのはユナ」 朝日新聞、2012年5月4日
  16. ^ 少女時代 ユナ、ガールズグループ“センター”の中で最高収益…上半期は約2.8億円! Kstyle 2012年7月12日
  17. ^ 少女時代ユナ、小学校6年生の教科書に登場 KSTARニュース 2011年11月12日
  18. ^ NHK「MUSIC JAPAN」2011年6月8日放送「少女時代スペシャル」より
  19. ^ SBS「強心臓」2009年11月3日
  20. ^ 日本のセンター試験に少女時代のユリとユナが設問に登場?中央日報 2012年01月16日
  21. ^ 少女時代 ユナ&イ・スンギ、交際を正式発表!“トップスターカップルの誕生 Kstyle 2014年01月01日
  22. ^ 少女時代 ユナ、コンタクトレンズのモデルに! Kstyle 2012年7月4日
  23. ^ 少女時代 ユナ、CMでコミカルな演技を披露“ギャップのある魅力 Kstyle 2013年04月19日

外部リンク[編集]