イ・スンチョル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イ・スンチョル
各種表記
ハングル 이승철
漢字 李 承哲
発音: イ・スンチョル
ローマ字 Lee Seung Chul
テンプレートを表示

イ・スンチョル(李 承哲、Lee Seung Chul、1966年12月5日 - )は、韓国歌手。身長185cm、血液型A型。2006年にはRUI名義で日本デビュー。

経歴[編集]

  • 1984年 - 大学時代にMBC河辺(ガンビョン、강변)歌謡祭に参加。
  • 1985年 - アマチュアで活動していたキム・テウォンらのロックグループ「復活(ブファル、부활)」にリードボーカルとして加入。1集『復活vol.1』でメジャーデビューを果たす。
  • 1988年 - 初のソロアルバム発売。1集Part1『さよならなんて言わないで(안녕이라고 말하지마)」で各種チャートのトップになる。
  • 1989年 - 1集Part2「最後のコンサート」がヒット。
  • 1990年 - 大麻吸引容疑で2度目の拘束[1]
  • 1991年 - 懲役1年、執行猶予2年の判決下り[2]、活動中断した。活動再開後ライブアルバム『1991年Irony live』とミュージックビデオを発表。ソロ2集『Ballerina-Girl』発表。
  • 1992年 - 映画「月は…太陽が見る夢」に主演、OSTも発表した。
  • 1995年6月 - 女優カン・ムニョンと結婚。
  • 1997年3月 - 1995年に結婚したカン・ムニョンと離婚。
  • 2000年 - 映画「飛天舞」の主題歌を発表。
  • 2002年 - 再び「復活」のボーカルとして活動。(復活としての)8集『セビョッ(夜明け)』を発表し、収録曲「Never Ending Story」がヒット。
  • 2006年2月22日 - 「RUI」という別名で日本初シングル『さよなら3』(さよなら・さよなら・さよなら)発表。このシングルはチェ・ジウが出演して話題を集めたTBSドラマ『輪舞曲-ロンド』のエンディング曲。
  • 2006年4月26日 - 20年間のヒット曲を日本語にして収録したベストアルバム『sound of double』を発表。
  • 2007年1月 - 事業家パク・ヒョンジンと再婚。
  • 2010年11月 - 飲酒運転で免許取り消しの処分を受ける。
  • 2014年8月 - 南北統一を願う歌を発表し8月14日に竹島に上陸し北朝鮮脱出住民(脱北者)40人からなる合唱団と公演を行った。
  • 2014年11月 - 東京入国管理局から入国を拒否された。


犯罪履歴(前科11犯)[編集]

講演会での発言や各種報道を勘案すると、イ・スンチョルは少なくとも前科11犯の経歴を持っていると考えられる。

高校卒業時に前科9犯[編集]

2013年09月21日、イは韓国のソンジ高校を訪問し、高校生に向けて講演した。その中でイは「私は高校の時本当に問題児だった。高校を卒業する時は前科9犯だった。大麻を吸って刑務所にも2回行ったし、離婚も1回した。」と語り、高校を卒業する1984年春までに前科9犯を重ねていたという自身の暗い過去を公開した。[3]

大麻吸引[編集]

1990年、大麻吸引容疑で「2度目」の拘束。懲役1年、執行猶予2年の判決をうけた。

飲酒運転[編集]

2010年11月15日の午前1時29分頃、イはソウル市内で、血中アルコール濃度0.125%という状態で、本人所有の乗用車キャデラックを運転しているところを警察の取り締まりに遭った。摘発当時、同乗者が1名いたとされている。「スタッフと会食をして、ビール5杯を飲んだ」と自ら飲酒運転を認めた。この事件は刑事事件として処理され、30分間の調査を受けて帰宅。行政処分として運転免許が取り消された。[4]



日本国への入国拒否[編集]

2014年11月、イ・スンチョルが日本に入国しようとした際に羽田空港で東京入管に入国を拒否されて強制帰国となった。日本の「入国管理法」においては、刑事罰の履歴がある外国籍渡航者は日本国への入国が禁じられている。

日本側の見解[編集]

菅義偉官房長官は記者会見において、本件はイの竹島上陸とは関係ないとし、退去命令にいたった理由については「個人情報」にかかわるとして、イの刑事罰の履歴等には言及しなかった[5]

イ・スンチョル側の見解[編集]

一方、イは退去命令の理由について、入国管理官からは「最近メディアに出ていた件について」との説明を受けたとし、2014年の光復節に合わせて竹島に上陸して公演を行ったことが原因であると主張している。また、大麻吸引以降、20年以上の間に15回ほど入国してきたが、これまでは入国拒否されたことはなかったとし、これからも竹島関連行事に積極的に参加していきたいとの意向を示した[6]


作品[編集]

韓国[編集]

復活[編集]

  • 1集 「復活Vol.1」
  • 2集 「Remember」
  • ベストアルバム 「復活 Best」
  • 8集「セビョッ(夜明け)」

ソロ[編集]

<オリジナルアルバム>

  • 1集Part1 「イ・スンチョル part1(さよならなんて言わないで)」
  • 1集Part2 「イ・スンチョル part2(最後のコンサート)」
  • 2集 「イ・スンチョル2 Ballerina-Girl」
  • 3集 「彷徨」
  • 4集 「The Secret of Color」
  • 5集 「The Bridge of Sonic Heaven」
  • 5.5集 「Deep Blue」
  • 6集 「ベスト1999 & Live Best」
  • 6.5集 「告白 (Confession)」
  • 7集 「The Livelong Day」
  • 8集 「Reflection Of Sound」
  • 9集 「The Secret Of Color 2」
  • 10集「(The Land of Dreams) Mutopia」
  • 10集「愛は本当に難しい」(10集のリパッケージ盤)

<ライブアルバム>

  • 「Live」
  • 「91’Irony Live」
  • 「95’Secret Live イ・スンチョル」
  • 「復活・イ・スンチョル Joint Concert Part I」
  • 「復活・イ・スンチョル Joint Concert Part II」
  • 「97’Heaven Live Hall In Se-Jong 4」
  • 「Serious Live 93’」
  • 「20Th Anniversary Live In 2005」
  • 「ライブベスト/少女時代」
  • 「Live - He’s Coming」

<ベストアルバム>

  • 「イ・スンチョル Hit Bank」
  • 「Forever Love / Best Of Best」
  • 20周年記念盤 「remake / A Walk to Remember」
  • 「Rui:The Best Great Hits」
  • 「イ・スンチョル Best」
  • 「Sound Of Double + Live」

<デジタルシングル>

  • 「Listen To EXR With Leeseungchul 9Th」
  • 「Moving Star」

<企画盤>

  • 企画アルバム 「No More Tragedy」
  • 企画シングル 「No More War」
  • 企画アルバム 「Amazing Christmas」

<サウンドトラック>

  • 「月は…太陽が見る夢」
  • 「泥棒と詩人」
  • 「風の息子」
  • 「飛天舞」
  • 「火の鳥」
  • 「青燕」

日本(RUI名義)[編集]

<シングル>

  • 「さよなら3」(UMCK-5141 , 2006年2月22日)

<アルバム>

  • 「for japan」 (UMCK-1205 , 2006年3月22日)
  • 「sound of double」 (UMCK-1206 , 2006年4月22日)

受賞歴[編集]

  • 1990年 ゴールデンディスク本賞
  • 2004年 ゴールデンディスク本賞
  • 2005年 KBS歌謡大賞 歌手賞
  • 2005年 韓国大衆音楽賞 男性ソロ部門 歌手賞
  • 2007年 第15回 韓国人気芸能大賞 新世代歌謡 10大歌手賞
  • 2013年 Mnetアジアミュージックアワード ベスト・コンサート・パフォーマー賞

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 가수 이승철 또 마약 구속/작년 석방이후 계속 대마초 피워 (韓国語). 韓国日報. (1990年11月13日). http://www.mediagaon.or.kr/jsp/sch/common/popup/newsviewpopup.jsp?newsId=01101101.19901113000002302 2014年11月12日閲覧。 
  2. ^ 대마초 가수 이승철/집행유예 선고 석방 (韓国語). 京郷新聞. (1991年2月26日). http://www.mediagaon.or.kr/jsp/sch/common/popup/newsviewpopup.jsp?newsId=01100101.19910226000001505 2014年11月12日閲覧。 
  3. ^ 「イ・スンチョルの過去の告白にネットユーザーの反応は?」 Kstyle 2013年9月22日]
  4. ^ 「イ・スンチョル、飲酒運転で書類送検」 中央日報日本語版 2010年11月15日
  5. ^ 菅氏「竹島は無関係」 韓国人歌手の入国拒否で 産経WEST 2014年11月12日
  6. ^ 入国拒否されたイ・スンチョル、番組で憤慨「韓国をどう思っているんだ」

外部リンク[編集]