チェ・ジンシル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェ・ジンシル
生年月日 1968年12月24日
没年月日 2008年10月2日(満39歳没)
出生地 ソウル
国籍 韓国の旗 韓国
職業 俳優モデル
ジャンル テレビ番組映画
活動期間 1988年 - 2008年
活動内容 1988年:ドラマ、映画初出演
著名な家族 弟:チェ・ジニョン
主な作品
テレビドラマ
嫉妬
星に願いを
映画
ミスターマンマ
嫁さん殺し
マヨネーズ
チェ・ジンシル
各種表記
ハングル 최진실
漢字 崔眞實
発音: チェ・ジンシル
ローマ字 Choe Jinsil
テンプレートを表示

チェ・ジンシル(崔眞實、1968年12月24日 - 2008年10月2日)は韓国女優である。ソウル出身。

人物[編集]

  • 身長163cm、体重46kg[1]
  • 俳優のチェ・ジニョン(2010年3月死去)は実弟[1]
  • 特技は徒競走[1]
  • 趣味は絵画を描くこと、水泳、自転車[2]
  • 多くのCM、映画、テレビドラマに出演し、芸能人高額納税者名簿の上位にランクインしていた彼女だが、1日の小遣いを1万ウォンしか使わない徹底的な倹約生活で、1992年10月27日の貯金の日記念式で大統領から表彰を受けている[1]

来歴[編集]

〜1988年:モデル、テレビタレント時代[編集]

17歳の時に父親が家族の元を離れたことが原因で[2]、大学に進学できずアルバイトをしながら過ごしていた時にモデルエージェンシーにスカウトされて、芸能界入り。エキストラモデルとして活動中の1988年に出演したサムスン電子テレビコマーシャルをきっかけに有名になった。その後、テレビタレントとして数々のテレビCMに出演し人気を高める[1]

1988年〜1990年代:俳優デビュー、人気スターへ[編集]

1988年、『朝鮮王朝 500年』でドラマデビュー。同年、『最後のソウル』で映画デビュー。その後、一つのキャラクターにとらわれず様々な役を演じる。『林の中の部屋』の商業的な失敗と予定されていた映画出演の出演取り消しで落ち込むが、1992年に出演したテレビドラマ『嫉妬』で、“チェ・ジンシルシンドローム”といわれるブームを巻き起こす。その余勢を駆って映画『ミスターマンマ』に出演した。国税庁が発表した91年度芸能人高額納税者名簿で5位、青龍賞人気スター賞を1990年から1998年まで出演作がなかった1996年を除いて連続受賞するなど韓国において1990年代を代表する俳優となった[1]

90年代のトップスターとなった彼女のギャラはトップクラスであったが1994年に出演した映画『私は望む、私に禁じられたことを』は「自分のイメージが変わるなら」という理由でノーギャラで出演している。一方、1999年に出演した映画『マヨネーズ』は出演料が当時の韓国芸能界史上最高額の1億8千万ウォンであったことも話題を集めた[2]

2000年〜2004年:結婚、一時活動休止[編集]

2000年に当時読売ジャイアンツに所属していた趙成珉と結婚。出産・育児のため一時芸能活動を休止していたが、2002年より再開。その後、養育権を巡る争いなどから夫との関係が悪化し、2003年より再開。2004年に離婚するなど、この時期は不遇の期間といえる。

2005年〜2008年:カムバック[編集]

2005年放送のテレビドラマ『バラ色の人生』が視聴率40%を超える人気作品となり、再評価され、カムバックを果たす。その後、2008年放送のテレビドラマ『ラスト・スキャンダル』人気作品となる。

死去[編集]

2008年10月2日、瑞草区にある自宅のシャワーブースで首を吊った状態で発見された。自殺とみられている。39歳没[3]。彼女はインターネット上の「ジンシルは自殺したアン・ジェファンに25億ウォン(約2億2000万円)を貸していた。名義上の社長を立て、その裏で貸金業を手がけている」という誹謗中傷に悩んでおり、それが自殺の原因と見られている[4]。彼女は1日に朝鮮日報の記者の電話インタビューに応じていたようで、前向きな発言もあったものの、インタビューに答えるその声はどこか憂いを含み落ち込んでいたという[5]

2日0時42分頃、ジンシルは親しかったメイクアップアーティストのイという人物に「この世の中で最も愛している姉さん、何があっても(子供の)ファンヒとジュンヒのことをお願い…」というメッセージを送り、その3分後の0時45分にまたイに「ごめん」というメッセージを送ったという。これがジンシルが最後に残したメッセージとされる[6]

韓国時間の4日午前7時30分にサムスンソウル病院(ソウル市江南区逸院洞)斎場でキリスト教のミサ形式で告別式が行われた。京畿道城南市中院区にある城南ヨンセン院で荼毘に付された後、楊平郡楊西面両水里にあるカプサン公園墓地に埋葬される[7]

また実弟のチェ・ジニョン(崔眞永)は2010年3月、元夫の趙成珉は2013年1月にそれぞれ自殺した。

出演[編集]

ドラマ[編集]

放送年 放送局 作品名 役名 備考
1988年 MBC 朝鮮王朝500年 チャンミ 女優デビュー作品
1989年 MBC 貴方の祝杯
MBC シジン邑 テレビドラマ初主演作品
MBC 眠らない樹
MBC 第5列
MBC 波紋
1990年 MBC 我らの天国
MBC 新妻の部屋に恋が開いたよ
MBC 二冊の日記
MBC 追憶旅行
1992年 MBC 風景
MBC 約束
MBC 嫉妬
MBC 魅惑
1993年 MBC 暴風の季節
1994年 SBS 恋の香り シン・ヨンジン
1995年 SBS ジャズ
MBC アパート
SBS ドリーム・レーサー オ・ハリョン
1997年 MBC 星に願いを イ・ヨニ
MBC 君と僕 ユン・スギョン
1998年 MBC 追憶
1999年 MBC 薔薇と豆もやし ソン・ミナ
2000年 MBC 風雲
2002年 MBC 君を知ってから イ・オックァ 芸能活動復帰作品
SBS ジャズ
2004年 MBC 薔薇の戦争 オ・ミヨン
2005年 KBS バラ色の人生 メン・スニ
2007年 MBC 悪い女 善い女 イ・セヨン
2008年 MBC ラスト・スキャンダル ホン・ソニ

映画[編集]

公開年 作品名 役名 備考
1988年 最後のソウル 映画デビュー作品
1990年 南部軍 パク・ミンジャ
コッチタン ヘジ
私の愛、私の花嫁 ミヨン
あのね、秘密だよ2
1991年 スーザンブリンクのアリラン シン・ユスク(スーザン・ブリンク)
1992年 森の中の部屋
ミスター・マンマ ヨンジュ 主演
1993年 愛したい女、結婚したい女
1994年 私は望む、私に禁じられたことを カン・ミンジュ 主演、ノーギャラで出演
嫁さん殺し チャン・ソヨン 主演
1995年 ママに恋人ができたよ ウンジェ 主演
誰が俺を狂わせるか ジョヨン 主演
1996年 ゴースト・ママ インジュ 主演
1997年 ホレデー・イン・ソウル 電話交換手
ベイビー・セール カン・ジヒョン 主演
手紙 イ・ジョンイン 主演
1998年 マヨネーズ アジョン 主演
2000年 燃ゆる月

著作[編集]

  • 自伝エッセイ『うん、今日一日も真実に生きよう』

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Innolife.net. “チェ・ジンシル(ChioJinSil. 최진실)”. 2008年10月2日閲覧。
  2. ^ a b c シネマコリア. “チェ・ジンシル”. 2008年10月2日閲覧。
  3. ^ WoW!Korea (2008年10月2日). “<速報>チェ・ジンシル 自宅で自殺”. 2008年10月2日閲覧。
  4. ^ 2008年10月3日放送「スーパーJチャンネル」より
  5. ^ 朝鮮日報 (2008年10月2日). “チェ・ジンシルさん、自殺前最後のインタビュー”. 2008年10月4日閲覧。
  6. ^ 中央日報 (2008年10月2日). “チェ・ジンシルが文字メッセージ…「何があっても子どもをお願い」”. 2008年10月4日閲覧。
  7. ^ 朝鮮日報 (2008年10月4日). “涙のイ・ヨンジャ「ジンシル、I Love You」”. 2008年10月4日閲覧。

関連項目[編集]