キム・ギドク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キム・ギドク
김기덕
김기덕
生年月日 1960年12月20日(53歳)
出生地 韓国の旗 韓国 慶尚北道奉化郡
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
活動期間 1996年 -
主な作品
悪い男
春夏秋冬そして春
サマリア
うつせみ
アリラン
嘆きのピエタ
キム・ギドク
各種表記
ハングル 김기덕
漢字 金基德[1]
発音: キム・ギドク
ローマ字 Kim Ki-dŏk
英語表記: Kim Ki-duk[1]
テンプレートを表示

キム・ギドク金 基德김기덕1960年12月20日 - ) は、韓国映画監督脚本家映画プロデューサーである。

経歴[編集]

1960年12月20日慶尚北道奉化郡で生まれた[2]。17歳から工場で働き始め、20歳で海兵隊に志願。5年間を軍隊で過ごし、周囲から軍人体質と言われるほど軍隊生活に適応していた。1990年、絵画の勉強のためにフランスへ渡った[3]パリで観たジョナサン・デミの『羊たちの沈黙』(1991年)やレオス・カラックスの『ポンヌフの恋人』(1991年)に感銘を受け、映像表現を志すようになり[3]、帰国後、脚本の執筆に没頭。1996年、低予算映画『鰐~ワニ~』で映画監督としてデビューした。

2000年の『魚と寝る女』と2001年の『受取人不明』がヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、ヨーロッパを中心に海外での評価が高まった。2001年の『悪い男』はソウルだけで30万人を動員するヒットを記録し、翌2002年第52回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品された。同年には『悪い男』に触発されたチャン・ドンゴンの希望を受け、『コースト・ガード』を製作した。2003年の『春夏秋冬そして春』は韓国映画界最高の栄誉である大鐘賞青龍賞の作品賞を受賞。全米では韓国映画史上最大のヒット作となった。2004年には『サマリア』が第54回ベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞)[3]、『うつせみ』が第61回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)を受賞した[3]。その後も『』(2005年)や『絶対の愛』(2006年)、『ブレス』(2007年)といった作品を発表。しかし、2008年の『悲夢』の撮影中に起きたアクシデントにショックを受けて映画製作が困難な状態に陥り、以後3年間を寒村の山小屋で暮らした。

2011年、隠遁生活中の自身の姿を映したドキュメンタリーアリラン』を発表。第64回カンヌ国際映画祭ある視点部門作品賞を受賞した。翌2012年には『嘆きのピエタ』が第69回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した[3]

作品[編集]

監督[編集]

脚本・製作[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 김기덕 (キム・ギドク) KMDb 2011年8月22日閲覧。
  2. ^ 인물정보(人物情報)”. NAVER. 2011年8月22日閲覧閲覧。
  3. ^ a b c d e 「嘆きのピエタ」キム・ギドク監督 「社会にはびこる暴力と戦う」 贖罪の物語”. 産経新聞社 (2013年6月14日). 2013年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]