マリオ・モニチェリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mario Monicelli
マリオ・モニチェリ
マリオ・モニチェリ
生年月日 1915年5月15日
没年月日 2010年11月29日(満95歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 トスカーナ州ルッカ県ヴィアレッジョ
死没地 イタリアの旗 イタリア ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 映画監督
ジャンル イタリア式コメディ
活動期間 1935年 - 2010年
主な作品
いつもの見知らぬ男たち
戦争・はだかの兵隊

マリオ・モニチェリMario Monicelli, 1915年5月15日 - 2010年11月29日)はイタリア映画監督脚本家トスカーナ州ヴィアレッジョ出身。イタリア式コメディの第一人者として知られた。

人物[編集]

日本での公開作品は少ないが、1935年以来これまで60本以上の作品を監督、ベルリン国際映画祭監督賞を3度受賞し、オスカーにも3度ノミネートされた経験があった。

2003年、第60回ヴェネツィア国際映画祭の審査委員長を務める。同年、『トスカーナの休日』にはキャストの一人として顔を出していた。

2006年にも新作『砂漠の薔薇』を完成させ、高齢まで現役で活躍した。

2010年9月、第67回ヴェネツィア国際映画祭でのイタリアコメディ回顧展で、ステーノと共同監督した『騎士の到着』、『刑事と泥棒』が選ばれて上映された[1]

同年11月29日前立腺癌の治療の為に入院していた病院から飛び降り自殺を図り、死亡が確認された[2]。95歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

以下特筆以外は監督作。100作を超える脚本、60作を超える監督作がある。

[編集]

  1. ^ Italian Comedy - The State of Things”. labiennale.org (2010年8月1日). 2010年12月3日閲覧。
  2. ^ Mario Monicelli morto suicida a Roma コリエーレ・デラ・セラ 2010-11-29

外部リンク[編集]