アスガル・ファルハーディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスガル・ファルハーディー
Asghar Farhādī
Asghar Farhādī
アスガー・ファルハディ(2009年ウィーン国際映画祭にて)
生年月日 1972年
出生地 イランの旗 イラン ホメイニーシャフル
職業 脚本家映画監督

アスガル・ファルハーディーペルシア語: اصغر فرهادی‎; Asghar Farhādī、1972年 - )、はエスファハーン近郊のホメイニーシャフル出身のイラン人脚本家映画監督

経歴[編集]

アスガル・ファルハーディーは映画学を学び、ドラマ芸術の学士号を取得し、テヘラン大学およびタルビヤト・モダッレス大学から舞台監督の修士号を取得している。ファルハーディーは8mmおよび16mmのショートフィルムをイラン青年映画協会エスファハーン支部で撮影。その後、ドラマおよび映画脚本家としてイラン・イスラーム共和国放送(IRIB)に移った。

テレビシリーズ『ある街の物語』などを監督、またエブラーヒーム・ハータミーキヤーの『フライト・パニック 〜ペルシア湾上空強行脱出〜』で脚本家として初めて映画製作に関わり、引き続き多大な賞賛を受けた『麗しの街』を製作している。続く第3作『水曜日の火花』では2006年シカゴ国際映画祭でヒューゴー金賞を受賞した。

第4作、カスピ海岸へ旅するイラン人グループが遭遇する悲劇を描いた『彼女が消えた浜辺』では2009年ベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞) を受賞している。2011年、ファルハーディーは再びベルリン国際映画祭に新作『別離』を出品。同映画祭における金熊賞および銀熊賞 (女優賞)銀熊賞 (男優賞) を獲得した。

監督作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

  • アーパールトマーン・ファラジュ・オ・ファロフ (1998)
  • チェシュム・ベ・ラーフ (1998)

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]