サボー・イシュトヴァーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イシュトヴァン・サボー
István Szabó
István Szabó
2004年
生年月日 1938年2月18日(76歳)
出生地 ブダペスト
国籍 ハンガリーの旗 ハンガリー

イシュトヴァン・サボーIstván Szabó, 1938年2月18日 - )はハンガリーブダペスト出身の映画監督

略歴[編集]

1959年に短編『A Hetedik Napon(七日目)』で映画監督としてデビューし、1963年には『Te(あなた)』が第16回カンヌ国際映画祭の特別短編賞を受賞。翌年の1964年に自身初となる長編映画『Álmodozások Kora(幻想の時代)』を製作。1966年に製作した『Apa(父)』では俳優として自らの監督作に出演している。

1977年に『Budapesti Mesék(ブダペストの物語)』で初めてカンヌ国際映画祭のコンペティション部門への出品を果たすと、1980年には『コンフィデンス/信頼』で第30回ベルリン国際映画祭監督賞を受賞。また、この作品は第53回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされている。

翌年の1981年には『メフィスト』が第34回カンヌ国際映画祭脚本賞と国際映画批評家連盟賞を受賞し、2年連続の外国語映画賞へのノミネートとなった第54回アカデミー賞で同賞受賞も果たしている。

1985年には『連隊長レドル』が第38回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞し、第58回アカデミー賞第43回ゴールデングローブ賞、第39回英国アカデミー賞でそれぞれ外国語映画賞にノミネートされ、英国アカデミー賞において同賞を受賞した。

1988年の『ハヌッセン』も第41回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門、第61回アカデミー賞第46回ゴールデングローブ賞や1989年の第5回インディペンデント・スピリット賞の外国語映画賞にノミネートされた。

1992年には『Édes Emma, Drága Böbe - Vazlatok, Aktok(可愛いエマ、愛しのボーべ、スケッチ、ヌード)』が第42回ベルリン国際映画祭審査員特別賞、第5回ヨーロッパ映画賞で脚本賞を受賞した。

1999年にはオーストリアドイツカナダハンガリー合作の『太陽の雫』を手がけ、第58回ゴールデングローブ賞でドラマ部門の作品賞、監督賞、音楽賞にノミネートされた。第12回ヨーロッパ映画賞では作品賞など4部門にノミネートされ、2度目となる脚本賞をイスラエル・ホロヴィッツとともに受賞し、レイフ・ファインズに男優賞を、ラヨシュ・コルタイに撮影賞をもたらした。また、カナダのジニー賞でも作品賞を受賞した。

2006年、1956年のハンガリー動乱の後に共産主義政権のスパイとして、仲間の監督や俳優に関するレポートを書いていたことが報道された。

主な監督作品[編集]

外部リンク[編集]