ベルンハルト・ヴィッキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルンハルト・ヴィッキ
Bernhard Wicki
生年月日 1919年10月28日
没年月日 2000年1月5日(満80歳没)
出生地 ザンクト・ペルテン
死没地 ミュンヘン
国籍 オーストリアの旗 オーストリア

ベルンハルト・ヴィッキ(Bernhard Wicki,1919年10月28日 - 2000年1月5日)はオーストリアニーダーエスターライヒ州ザンクト・ペルテン出身の俳優・映画監督。

来歴[編集]

1950年代から多くの映画に出演したが、監督も手がけ、特に第二次世界大戦中に、町を守るために召集された少年兵たちを描いた映画『橋』は高い評価を得た。

1959年(昭和34年)11月25日から6日間にわたって東京で開催されたドイツ映画祭のため、俳優のトニー・ザイラー、女優のリゼロッテ・プルファーマルギット・ニュンケらと共に来日。開会式の司会は俳優の三船敏郎が務め、期間中には上記の映画『橋』が上映された(のち、一般公開)。

1982年、ドイツ連邦共和国功労勲章を受章。

1990年、第40回ベルリン国際映画祭で特別功労賞(ベルリナーレ・カメラ賞)(Berlinale Kamera)を受賞。

主な映画作品[編集]

出演[編集]

  • 白夜の果てに Der Postmeister (1939)
  • 最後の橋 Die Letzte Brücke (1954) - キネマ旬報ベストテン第5位
  • 戦場の叫び Kinder, Mütter und ein General (1955)
  • チューリヒで婚約を[1] Die Zürcher Verlobung (1957)
  • 女猫 La Chatte (1958)
  • La Notte (1961) - ミケランジェロ・アントニオーニ監督。キネマ旬報ベストテン第8位
  • 結婚詐欺師は殺さない Ace Up My Sleeve (1976)
  • 愛の絆 Die Gläserne Zelle (1977)
  • ドイツの恋 Eine iebe in Deutschland (1983)
  • パリ、テキサス Paris, Texas (1984) - キネマ旬報ベストテン第6位

監督[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本未公開であったが、2007年3月東京アテネ・フランセ文化センターで「ヘルムート・コイトナーHelmut Käutner)監督特集」が開催され、その中で日本語字幕付きでDVD上映された。
    アテネ・フランセ 2007年1月・2月・3月上映スケジュール, ゲーテ・インスティトゥート公式HPでの紹介

外部リンク[編集]