ある過去の行方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ある過去の行方
Le passé
監督 アスガー・ファルハディ
脚本 アスガー・ファルハディ
製作 アレクサンドル・マレ=ギ
出演者 ベレニス・ベジョ
タハール・ラヒム
アリ・モサファ
音楽 エフゲニー・ガルペリン
ユーリ・ガルペリン
撮影 マームード・カラリ
編集 ジュリエット・ウェルフリング
製作会社 メメント・フィルム
フランス3シネマ
BIMディストリビュツィオーネ
配給 フランスの旗 メメント・フィルム
日本の旗 ドマ/スターサンズ
公開 フランスの旗 2013年5月17日
日本の旗 2014年4月
上映時間 130分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
イランの旗 イラン
言語 フランス語
ペルシア語
テンプレートを表示

ある過去の行方』(: Le passé: The Past) は、2013年のフランス映画。アスガー・ファルハディが脚本と監督を務め、ベレニス・ベジョタハール・ラヒムアリ・モサファが主演した。

本作は第66回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、ベジョに女優賞をもたらした[1]第86回アカデミー賞外国語映画部門のイラン代表作品である[2]

ストーリー[編集]

テヘランに住むアフマドは、4年前に別れたフランス人妻マリの要請により正式な離婚手続きを完了するためにパリを訪れる。マリは自身の娘2人と、恋人のサミール、その息子の計4人と既に同居しており、アフマドは到着後すぐに長女リュシーとマリの関係が良好でないことを知る。

キャスト[編集]

受賞とノミネート[編集]

部門 結果
カンヌ国際映画祭 女優賞 受賞
全キリスト教会審査員賞 受賞
パルム・ドール ノミネート
ゴールデングローブ賞 外国語映画賞 ノミネート
ダーバン国際映画祭 脚本賞 受賞
オスロ 南からの映画祭 観客賞 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 外国語映画賞 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 外国語映画賞 ノミネート
アジア太平洋映画賞 作品賞 未決定
脚本賞 未決定
サテライト賞 外国語映画賞 ノミネート
クロトゥルーディス賞[3] 作品賞 受賞
監督賞 受賞
助演男優賞 ノミネート
オリジナル脚本賞 受賞

参考文献[編集]

外部リンク[編集]