ワルシャワ国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワルシャワ国際映画祭: Warszawski Międzynarodowy Festiwal Filmowy)は毎年秋にポーランドワルシャワで開催される映画祭。略称はWMFF。

映画祭は1985年に初開催。1995年からはワルシャワ映画財団が主催されるようになり、2005年にはFIPRESCIから認定を受けた。2009年にはFIAPF(国際映画製作者連盟)のコンペティティブ長編映画祭に認定。世界14大映画祭の一つ。


日本に関係した事象[編集]

  • 2007年『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(監督:吉田大八) フリースピリットコンペティション部門、大賞受賞。
  • 2011年『ももへの手紙』(監督:沖浦啓之) インターナショナルコンペティション部門出品。日本のアニメーション映画で本映画祭への出品は初。
  • 2013年『キッズ・リターン 再開のとき』(監督:清水浩)インターナショナルコンペティション部門出品。
  • 2013年『はなればなれに』(監督:下手大輔) 1・2作目コンペティション部門出品。日本映画で同部門への出品は初。


外部リンク[編集]