いつもの見知らぬ男たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いつもの見知らぬ男たち
I soliti ignoti
監督 マリオ・モニチェリ
脚本 フリオ・スカルペッリ
レナート・サルヴァトーリ
スーゾ・チェッキ・ダミーコ
製作 フランコ・クリスタルディ
出演者 ヴィットリオ・ガスマン
トト
クラウディア・カルディナーレ
マルチェロ・マストロヤンニ
音楽 ピエロ・ウミリアーニ
撮影 ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ
編集 アドリアーナ・ノヴェッリ
配給 イタリアの旗 ルックス・フィルム
アメリカ合衆国の旗 UMPO
公開 イタリアの旗 1958年6月30日
アメリカ合衆国の旗 1960年11月22日
上映時間 111分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

いつもの見知らぬ男たち』(伊語I soliti ignoti)は、マリオ・モニチェリ監督による1958年製作のイタリア犯罪映画である。

概要[編集]

原題は「正体不明の犯人」を指す官僚的なフレーズである。英国では『Persons Unknown』、米国では『Big Deal on Madonna Street』の題で公開された。本作は、つまらない泥棒グループについてのコメディであり、「モンテ・ディ・ピエタ」という国営の質屋に強盗に入る試みに失敗するろくでなしたちを描く。マルチェロ・マストロヤンニヴィットリオ・ガスマンというスターをキャスティングし、本作の成功によって、トトクラウディア・カルディナーレとともに、おそらくこの二人のキャリアは助けられた。

本作は、現在、リージョン1においてはThe Criterion Collectionから、リージョン2であるイタリア市場では20世紀フォックスから発売されている。

音楽はチェット・ベイカーが演奏している。

続編・リメイク[編集]

ナンニ・ロイ監督による続編が1960年に製作され、マストロヤンニ以外の全キャストが再集合し、『Audace colpo dei soliti ignoti』のタイトルで公開された。

1984年ルイ・マルがアメリカ映画としてリメイクし、『クラッカーズ / 警報システムを突破せよ!』(原題『Crackers』)というタイトルになった。

1987年アマンツィオ・トディーニ監督により第二の続篇がつくられた。タイトルは『I Soliti ignoti vent'anni dopo』であった。米国でのDVDリリースタイトルは、『Big Deal On Madonna Street - 20 Years Later』、「いつもの見知らぬ男たち - 20年後」の意。

外部リンク[編集]