大尉の娘 (1947年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大尉の娘
La figlia del capitano
監督 マリオ・カメリーニ
脚本 マリオ・カメリーニ
マリオ・モニチェリ
カルロ・ムッソ
イヴォ・ペリリ
ステーノ
原作 アレクサンドル・プーシュキン
製作 ルクス・フィルム
R.D.L.
製作総指揮 ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 イラセマ・ディリアン
アメディオ・ナザーリ
音楽 フェルナンド・プレヴィターリ
撮影 アルド・トンティ
編集 マリオ・カメリーニ
製作会社 イタリアの旗 ルクス・フィルム、R.D.L.
配給 イタリアの旗 ルクス・フィルム
公開 イタリアの旗 1947年10月8日
フランスの旗 1948年4月21日
西ドイツの旗 1951年2月16日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 102分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

大尉の娘』(たいいのむすめ、原題 イタリア語: La figlia del capitano)は、1947年製作・公開、マリオ・カメリーニ監督によるイタリアの長篇劇映画である。アレクサンドル・プーシュキンの19世紀の小説『大尉の娘』を原作としている。

略歴・概要[編集]

プーシキンが帝政ロシアの時代、1836年に発表した小説『大尉の娘』を原作に第二次世界大戦終了の2年後のイタリアで製作された。

本作は、同年の第2回カンヌ国際映画祭のコンペティション上映作品に選ばれた[1]。1948年(昭和23年)には、ナストロ・ダルジェント賞の美術賞をピエロ・フィリポーネが受賞している[2]

日本では当時、劇場公開されておらず、テレビ放映のみが行われた。『大尉の娘』は、そのときの日本語題名である[3]

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

関連作品[編集]

[編集]

  1. ^ LA FIGLIA DEL CAPITANO, カンヌ国際映画祭、2009年12月1日閲覧。
  2. ^ Awards for La figlia del capitano, Internet Movie Database, 2009年12月1日閲覧。
  3. ^ 大尉の娘、allcinema ONLINE, 2009年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]