クロード・ソーテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロード・ソーテ
Claude Sautet
生年月日 1924年2月23日
没年月日 2000年7月22日(満76歳没)
出生地 フランスの旗 フランス オー=ド=セーヌ県モンルージュ
死没地 フランスの旗 フランス パリ

クロード・ソーテClaude Sautet1924年2月23日 - 2000年7月22日)はフランスオー=ド=セーヌ県出身の映画監督脚本家である。

略歴[編集]

1924年2月23日パリ郊外モンルージュに生まれる。国立高等装飾芸術学校で絵画や彫刻を学んだ後、1948年高等映画学院に入学。

1951年に短編『Nous n'irons plus au bois(もう森へは行かない)』で映画監督デビュー。その後助監督を数本経験しながら『Combat』誌で音楽評論を執筆。1955年に長編デビュー作『Bonjour Sourire(微笑よこんにちわ)』を監督した。1959年にはジョルジュ・フランジュの『顔のない眼』の脚本を共同執筆し、助監督も務める。

1970年にはミシェル・ピコリロミー・シュナイダー主演の『すぎ去りし日の…』がルイ・デリュック賞を受賞。第23回カンヌ国際映画祭にも出品された。

1986年にはSACD(劇作家・演劇音楽作曲家協会)の副代表に就任し1991年まで務めた。

1992年にはダニエル・オートゥイユエマニュエル・ベアール主演の『愛を弾く女』でヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞と国際評論家賞、セザール賞監督賞を受賞。1995年の『とまどい』でもセザール賞監督賞を受賞している。

2000年7月22日、パリで死去。76歳没。

主な監督作品[編集]

外部リンク[編集]