アリラン (2011年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリラン
아리랑
監督 キム・ギドク
脚本 キム・ギドク
製作 キム・ギドク
撮影 キム・ギドク
編集 キム・ギドク
配給 日本の旗 クレストインターナショナル
公開 フランスの旗 2011年5月13日CIFF
日本の旗 2012年3月3日
上映時間 91分
製作国 韓国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示

アリラン』(아리랑)は、キム・ギドク監督・脚本・出演による2011年の韓国のドキュメンタリー映画である。2008年の『悲夢』以降、沈黙していたギドクの3年間を映している。

タイトルは同名の朝鮮民謡から来ている。

内容[編集]

2008年の『悲夢』の後、キム・ギドクは突如として映画界を去り、山籠り生活を開始する。

公開[編集]

2011年5月13日に第64回カンヌ国際映画祭ある視点部門で上映され、ある視点賞を受賞した[1]

日本劇場公開時には、ギドクがカンヌ国際映画祭の授賞式で涙ながらに「アリラン」を歌うエンディングがカットされた[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]