ユールマラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユールマラ
Jūrmala


紋章
ユールマラの位置(ラトビア内)
ユールマラ
ユールマラ
座標: 北緯56度58分5秒 東経23度46分13秒 / 北緯56.96806度 東経23.77028度 / 56.96806; 23.77028
ラトビアの旗 ラトビア
行政
 - 市長 Raimonds Munkevics
面積
 - 計 100km2 (38.6mi2)
標高 3m (10ft)
人口 (2005年)
 - 計 55,603人
 - 人口密度 556人/km² (1,440人/mi²)
市外局番 +371 67
ウェブサイト www.jurmala.lv
海岸の風景

ユールマラ(Jūrmala)は、ラトヴィアの都市。ラトヴィアの代表的な観光地・保養地である。人口は約5万5千人(2004年)。

地勢・産業[編集]

首都リガの西方に位置する観光都市・保養都市であり、電車・バスで約30分程度。都市の名称は、ラトヴィア語の「海岸」に由来しており、リガ湾に面している。

歴史[編集]

19世紀後半、リガとトゥクムスを結ぶ鉄道が開通したことで、ユールマラは観光地としての発展が進んだ。当時のリガはロシア領であったが、第一次世界大戦後にラトヴィアが独立を果たすとラトヴィア領となった。第二次世界大戦中にソヴィエトがラトヴィアを併合すると、それ以降のユールマラはソ連共産党の要人・高官が余暇を過ごす地となった。フルシチョフブレジネフなどもこの地を訪れている。1991年にラトヴィアが独立すると、西欧・北欧諸国との結びつきを強め、2004年にラトヴィアがEU加盟を果たしたこともあり、新たな観光客の誘致を進めている。

ユールマラは、本来バルト・ドイツ人が設けたいくつかの保養地が結びついたものである。当初はリガの一地域とされていたが、ソヴィエト時代に市として独立した。

出身人物[編集]

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「ユールマラ」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア
Northern-Europe-map-extended.png この「ユールマラ」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ