ヴェンツピルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェンツピルス市
Ventspils
リヴォニア帯剣騎士団の城
リヴォニア帯剣騎士団の城
ヴェンツピルス市の市章
市章
位置
ヴェンツピルス市の位置の位置図
ヴェンツピルス市の位置
座標 : 北緯57度25分 東経21度32分 / 北緯57.417度 東経21.533度 / 57.417; 21.533
行政
ラトビアの旗 ラトビア
 地方 クルゼメ
 行政区画 ヴェンツピルス(直轄市)
 市 ヴェンツピルス市
市長 Aivars Lembergs
地理
面積  
  市域 55.4 km2
標高 10 m
人口
人口 (2006年現在)
  市域 43,806人
    人口密度   790.72人/km2
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
郵便番 LV-360(1-7)
市外局番 +371 636
公式ウェブサイト : www.ventspils.lv

ヴェンツピルスラトビア語Ventspilsドイツ語名:Windau、ポーランド語名:Windawa、リヴォニア語:Vǟnta)は、ラトビア北西の都市。市内を流れるヴェンタ川にちなんで名付けられた。

概要[編集]

ヴェンツピルスはリヴォニア帯剣騎士団の城から発展し、1290年の年代記に初めて記述がなされた。1314年にチャーターが授けられ、ハンザ同盟の重要な商業都市となっていった。

ヴェンツピルスは重要な不凍港である。大量の石油ロシアからのその他鉱物資源がヴェンツピルスで船に乗せられる。港湾の税収が、ヴェンツピルスをラトビアで最も裕福な都市にした。

ヴェンツピルスの30キロ北には旧ソビエト連邦時代の電波天文学設備VIRAC(ヴェンツピルス国際電波天文学センター)があった。このセンターの存在は、旧ソビエトが崩壊しロシア支配の終わった1994年までほとんどのラトビア人に知られていなかった。

市内にはヴェンツピルス・アウグスツコラ大学がある。同大学のバスケットボール・チームは、数年来ラトビア・チャンピオンとなっている強豪チームである。その他に、プロ・サッカー・クラブFKヴェンツピルス(FK Ventspils)が市を本拠地としている。2006年シーズンにはFKヴェンツピルスは初のラトビア・チャンピオンに輝いた。

市内には、ラトビア国内の3つの国際空港の一つ、ヴェンツピルス国際空港がある。ヴェンツピルス・ハイテクノロジー・パークにはIT関連企業や電機会社が集まる。

2004年、ヴェンツピルス沖合で、多国籍海軍(アメリカ合衆国イギリスポーランドスウェーデン、ロシア、ラトビア、デンマークフィンランドノルウェー)が参加したバルチック作戦(BALTOPS)という演習が開催された。軍勢を率いたのは、巡洋艦アンツィオだった。アンツィオは、ラトビア再独立後でヴェンツピルスを初めて訪問したアメリカ海軍の艦艇となった。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]