ヴァルミエラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァルミエラ
—    —
ガウヤ川での氷上釣り


紋章
愛称:ドイツ語: Wolmar
ヴァルミエラの位置
ヴァルミエラ
位置図
座標: 北緯57度33分00秒 東経25度24分00秒 / 北緯57.55000度 東経25.40000度 / 57.55000; 25.40000
ラトビアの旗 ラトビア
ヴァルミエラ州
都市法取得 1323年
行政
 - 町長 Inesis Boķis
面積
 - 計 18.18km2 (7mi2)
人口
 - 計 27,569人
 - 人口密度 1,516人/km² (3,926.4人/mi²)
等時帯 EET (UTC+2)
 - 夏時間 EEST (UTC+3)
郵便番号 LV-420(1-3)
市外局番 +371 642
Number of city council members 13

ヴァルミエララトビア語: Valmiera, ドイツ語: Wolmar)は、ラトビアヴィドゼメ地方にある、同地方最大の町。ヴァルミエラ州の中心地でもある。人口は2002年で27,323人、2008年では27,569人で、面積は18.1 km²。

首都リガから北東に100km、エストニアとの国境から南に50kmのところにあり、いくつもの幹線道路が交わる交通の要衝になっている。市街はガウヤ川の両岸に築かれている。

歴史[編集]

この一帯はラトビアで最も古い地域のひとつで、9,000年前の住居跡が発掘されている。街の名が最初に文献に登場するのは1323年のことだが、実際にはリヴォニア騎士団のかしらだったヴィルケン・フォン・エンドルプがガウヤ川岸に城(ヴォルマー)とカトリック教会を築いた40年ほど前には街ができあがっていた。14世紀には16世紀にはハンザ同盟に加入し、商業と社会運動が活発に行われた。

大北方戦争中の1702年には焼き討ちに遭い、焦土と化した。

東西冷戦では街の17km南にリエパ空軍基地が置かれた。

現代のヴァルミエラ[編集]

今日、この街はヴィドゼメ地方の文化と行政の中心地になっている。1919年に開場したヴィドゼメで唯一の商業劇場「Valmieras teātris」があるほか、大学も置かれている。

ヴァルミエラ市はヴィドゼメ地方の生活の質を改善させるため、北部のごみ管理システムの構築などさまざまなプロジェクトに取り組んでいる。上下水道の開発にも取り組んでいるが、これは経済システムの近代化によって実現しかけている。他にも決済システムの改善や熱電発電所の建設、オリンピックセンター用のスポーツ施設の建設などが計画されている。

街は産業の中心地でもあり、その中でも牛乳、肉、穀物などの食品産業、グラス製造、金属細工、木材加工、家具の製造などが盛んである。

姉妹都市[編集]