李舜臣級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李舜臣級駆逐艦
DDH 976 文武大王
DDH 976 文武大王
艦級概観
艦種 ヘリコプター搭載駆逐艦
建造期間 2001年 - 2006年
就役期間 2003年 - 就役中
前級 DDH:広開土大王級駆逐艦
次級 DDG:世宗大王級駆逐艦
性能諸元
排水量 基準:4,400t(公称)
満載:5,500t(公称)
全長 150m
全幅 17m
吃水 5m
機関 CODOG方式
MTU 20V956 TB92ディーゼルエンジン(4,000 bhp) 2基
LM2500ガスタービンエンジン(14,500 shp) 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 最大29ノット
電力 ディーゼル発電機(800kw) 4基
乗員 300人
兵装 Mk.45 mod.4 62口径5インチ単装砲 1基
ゴールキーパー 30mmCIWS 1基
Mk.41 VLS (32セル)
SM-2MR block 3A SAM
紅鮫 SUM(装備予定)
を発射可能
1基
Mk.49 近SAM21連装ミサイル発射機 1基
SSM 4連装発射筒
RGM-84 または SSM-700K
2基
Mk 32 3連装短魚雷発射管 2基
艦載機 スーパーリンクス哨戒ヘリコプター 2機
C4I KNTDSリンク 11)
KDCOM-II (SSCS Mk.7)+WDS Mk.14
レーダー AN/SPS-49 対空捜索用 1基
MW-08 低空警戒/対水上用 1基
STIR-240 射撃指揮用 2基
ソナー DSQS-21BZ 艦底装備式 1基
SQR-220K 曳航式 1基
電子戦
対抗手段
SLQ-200(v)5K SONATA 電子戦装置
KDAGAIE Mk2 チャフフレア展開装置 4基

忠武公李舜臣級駆逐艦(ちゅうぶこうりしゅんしんきゅうくちくかん・チュンムゴンイスンシンきゅうくちくかん)は大韓民国の次期駆逐艦計画により生産された国産駆逐艦。艦名は李氏朝鮮の武将であった李舜臣に由来する。別名はKD-II。計画名のKDX-II型で称されることも多い。

張保皐級潜水艦209型潜水艦の韓国海軍仕様)に同表記(ハングル)、同音の艦(李純信、Lee Sun Sin、舜臣の部下だった武将)があるため、「忠武公」が加えられている。

建造[編集]

当初韓国海軍の主力艦艇として9隻計画されていたが3隻で建造が打ち切られたKDX-I 広開土大王級に続いて整備された。船体が過小であることから余裕が無いと見られた前級と比較し、長さで約20メートル、排水量で1,500トン以上増加しており、韓国海軍で初めて艦隊防空ミサイルを搭載した。

当初計画数は6隻で、KDX-I 6隻と組み合わせる計画であった。KDX-III開発に伴い一時3隻に縮小することも検討されたが、再度6隻の建造計画となり、2008年9月に6番艦が就役した[1]。海軍側は、2020年までに合計13隻(12隻+1隻)の整備を希望していると伝えられるが、現時点ではその予算は認められていない。

大宇造船海洋がDDH-975、977、979を、現代重工業がDDH-976、978、980を建造。1隻の建造毎に両社で熾烈な受注合戦が繰り広げられるため6番艦の入札額は200億ウォンも安くなっているという。

船体・機関[編集]

本級の船体はIABG社の協力を得て設計された。基本的な艦型や兵装などの配置はKDX-Iを踏襲しているが、余裕の無い小さい船体とそれを補う為大型化した上構によりトップヘビー気味となった同級を踏まえ船体は拡大されている。艦橋から煙突、格納庫までを一体化した構造とし、艦橋を1甲板分増やすなど、艦内スペースの拡大が図られている。

KDX-Iと比較し、ステルス性向上に対する配慮が各所に見られる。レーダーに対するステルス対策として、船体及び船体上の構造物は、側面に傾斜を持たせ、艦橋や格納庫は両舷一杯までとし船体と一体となったデザインとしている。KDX-Iで見られた艦橋や格納庫の角の丸みも廃されている。艦首にブルワークを設け、舷梯を格納庫側面上構内に収納するなどボラードウインチなど装備品の露出を減らす考慮が為されている。マストもKDX-Iのトラス構造のマストから、平面構成の塔型マストへ変更された。船体外板にはレーダー波吸収塗料(RAM)が使用されていると見られる。 各種対策の結果本級のレーダー反射断面積RCS)は、排水量1,200tの浦項級コルベットよりも小さい値を示したと言われている。

赤外線に対するステルス対策として、煙突を中心に排熱抑制策が講じられている。アメリカ合衆国のDAVIS社と大宇造船海洋、現代重工業が開発した、煙突からの排気に外気を混合し冷却するIRSS(赤外線抑制システム)と呼ばれるシステムを採用した。これは、赤外線誘導型の対艦ミサイルを想定したものと見られる。また排気管自体にフロンガスを吹き付け、ガスタービンエンジン使用時の排熱を冷却するシステムも装備しているという。その結果煙突形状は、KDX-Iの断面がY字状のものから、シンプルな単煙突に改められている。

船体のサイズ自体は海上自衛隊むらさめ型たかなみ型汎用護衛艦とほぼ同規模だが、上部構造物に軽量なアルミ合金が多用されているため喫水が浅く、満載排水量はやや小さいとみられる。しかし、アルミ合金は高温にさらされると強度が低下するため、火災に対する脆弱性が懸念される。アメリカ海軍ベルナップ級ミサイル巡洋艦の1番艦「ベルナップ」は、衝突事故に伴う火災で上部構造物を失っており、イギリス海軍フォークランド紛争において、船体にアルミ合金を使用していた艦艇が大きな被害を受けた。また熱伝導性の問題から、電子機器に対して悪影響を及ぼすともされている。このため海上自衛隊では現在、船体や艦橋構造物へのアルミ合金使用を避けており、また、アメリカ海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦は、残存性向上を目的として、上部構造物を全鋼製としている[2]

機関はKDX-I同様、推進方式として巡航時にディーゼルを用い、高速時にガスタービンを切り替えて使用するCODOG方式を採用している。ガスタービンは米ゼネラル・エレクトリック社製のLM2500を三星テックウィンでライセンス生産したもの、ディーゼルは独MTU社製を装備している。海上自衛隊のタービン推進護衛艦のほぼ全て(はつゆき型を除く)が左右軸の主機を前後に間隔を置いて配置する、シフト配置を採用しているのに対し、本級はKDX-I同様パラレル配置と称されるガスタービン及びディーゼルをそれぞれ隣接した区画に並行して配置している。両者を比較した場合パラレル配置は、機関区画をコンパクトにできる利点はある一方、被弾時の生残性、ダメージコントロールの観点からは見劣りする。

兵装・電子機器[編集]

C4Iシステム[編集]

本級の戦闘システムは、オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートと同様の、ターター・システムの派生型と分類することができる。その中核となる戦術情報処理装置は、23型フリゲートが搭載するBAEシステムズ社製のSSCS Mk.7に韓国独自の要求を加味したKDCOM-IIである。

そのサブシステムである武器管制システム (WDS) は、アメリカ海軍のNTU改修艦と同じWDS Mk 14である。WDSはレーダーなどセンサーからの情報を受けり、オペレーターによる脅威度の判定を行ったのち、脅威度を含めた目標の情報・諸元を記憶・管理し、使用する兵装割り当てまで自動的に処理、射撃管制システム(FCS)へ攻撃を指令する。

センサー・システム[編集]

対空戦闘システムの主要センサーであるレーダーは、通常のターター・システム搭載艦と同様、二次元レーダー三次元レーダーを組み合わせている。ただし、近年の多機能レーダーを中核とした統合戦闘システム(イージスシステムPAAMSNAAWSなど)と比べると見劣りすることは否めず、後述のように三次元レーダーの性能が低いため、ターター-Dシステム搭載のNTU改修艦と比してもやや見劣りすると言わざるを得ない。

三次元レーダーは、タレス・ネーデルランド社のMW-08で、これはC (G)バンドで動作する多機能レーダーであるが、どちらかといえば低空警戒レーダーと称される機種である。上方70度以上は死角であるので、高角度より突入するハイダイヴと呼ばれる機動を行うミサイルには対応出来ない可能性があるほか、最大探知距離は100km程度[3]と、運用するSM-2MR艦対空ミサイルの射程より短いため、その長射程を生かしての遠距離交戦時における運用に若干の支障を来たす可能性が指摘されている。

二次元レーダーはNTU改修艦と同じくAN/SPS-49シリーズの(v)5型で、三次元レーダーを補完して遠距離での捜索・警戒を行う。本級では三次元レーダーの探知距離が不足であるため、その探知距離以遠での交戦ではAN/SPS-49が主要なセンサーとなる[4]。動作周波数はD(L)バンド、最大出力は360 kW、最大探知距離は460km。また、電子戦装置としてはSLQ-200(v)5Kを搭載するが、詳細不明。

本級のFCSが使用するイルミネーターはI/KバンドのSTIR-240レーダーで、これが艦対空ミサイル艦砲の射撃管制を一括して担当する。また、MW-08の探知距離外での交戦では、2基搭載されているSTIR-240の内の1基を目標追跡に用いることになり、このため遠距離交戦での多目標対処能力は低下している。なお、STIR-240にはOT-314Aコミュニケーション・リンクが接続され、これが飛翔中のSM-2に対する指令誘導を行うことから、同時交戦可能な目標の数は、必ずしもイルミネーターの数と同じではない。

本級の対潜戦闘におけるセンサーであるソナーは、船首装備のDSQS-21BZバウ・ソナーと曳航型のSQR-220Kソナーである。DSQS-21BZはドイツ製で中周波を使用し探知距離は30 km程度あり、KDX-Iの船底から船首へと装備位置を変更している。SQR-220Kは韓国製で超低周波を使用し、艦尾から繰り出し曳航して使用する。

武器システム[編集]

本級の主兵装は、韓国海軍として初搭載となる長射程のスタンダードミサイルで、RIM-66 SM-2MR BlockIIIAが搭載される。誘導方式は、セミ・アクティヴ・レーダー・ホーミングに中途航程で慣性誘導を併用するもので、最大射程は約140kmである。なお、リムパック2004において、本級1番艦の発射したスタンダードSM-2が113km先の目標を撃墜する事に成功している。その発射機としては、32セルのMk 41垂直発射機が搭載される。なお、RIM-66 SM-2MR BlockIIIAはRIM-161 SM-3のような弾道ミサイル迎撃能力は無い。

対艦ミサイルとして、1、2番艦はハープーン艦対艦ミサイルを使用しているが、3番艦からは国産のSSM-700K「海星」が搭載される。また、1、2番艦は対潜戦闘用として短魚雷Mk46Mk 32 3連装短魚雷発射管を2基装備しているが、3番艦からは国産のK745魚雷英語版韓国語版(Blue Shark、青鮫、チョンサンオ)に変更され、さらにまた、後期建造艦3隻は国産のVLSを32セル増設し、ここに国産の巡航ミサイル天竜英語版韓国語版」と対潜ミサイル紅鮫」を追加装備する予定である。紅鮫の性能はほぼVLAに相当する。これに備え、4番艦以降の艦は、Mk41VLSが中心線から左舷に偏り装備され、右舷側はスペースのみ設けた状態で就役している。

近接防御用には、KDX-Iのゴールキーパー30mmCIWS2基に対し、RIM-116B RAM21連装発射機Mk.49とゴールキーパーを艦の前後に各1基ずつ搭載している。射程が長いが至近距離や即応性に劣るミサイルと射程は短いが即応性に優れる機関砲という特性が異なるCIWSを組み合わせことにより、コールチク複合型CIWSと同様、幅広い防御能力を提供し対空防御に縦深性を持たせることを意図している。これはCIWSとして広く使用されているのファランクス20mmCIWSよりも遠距離での交戦が可能だが、確実性に劣る可能性がある。

主砲はMk.45 mod.4 62口径5インチ単装砲が1基搭載される。これは広開土大王級駆逐艦に搭載されたオート・メラーラ社製の54口径127mm速射砲と比して発射速度が低くく対空用途には適さないが、信頼性が向上するとともに射程も延伸され、対地・対水上攻撃性能は向上、シールドもステルス性に配慮した平面で構成されている[5]。同じくオート・メラーラ社製の54口径127mm速射砲を採用していた海上自衛隊もあたご型ミサイル護衛艦からMk45 mod4に切り替えている。

搭載機[編集]

艦尾にヘリコプター甲板ヘリコプター格納庫を有し、スーパーリンクス哨戒ヘリコプターを2機搭載する。飛行甲板には着艦支援装置が装備されているが、RASTのような着艦誘導機能がないため、荒天における搭載ヘリコプターの運用は困難である。

同型艦[編集]

DDH-976 文武大王 CVN-76 ロナルド・レーガン(左奥)
艦番号 艦名 起工 進水 就役
DDH-975 忠武公李舜臣   2002年
5月15日
2003年
11月30日
DDH-976 文武大王 2003年
4月11日
2004年
9月30日
DDH-977 大祚栄 2003年
11月12日
2005年
6月30日
DDH-978 王建 2004年
8月17日[6]
2005年
5月4日
2006年
11月9日
DDH-979 姜邯賛 2006年
3月16日
2007年
10月1日
DDH-981 崔瑩 2006年
10月20日
2008年
9月4日

運用状況[編集]

2011年9月現在、運用開始10年未満にもかかわらず、部品の共食い整備により運用可能な艦は6隻中1隻だけであることが韓国国会国防委員会のソン・ヨンソン議員の指摘により判明した[7]

運用中の事故[編集]

2007年5月、射撃訓練中のDDH-976(文武大王艦)で、砲弾が爆発して砲身が破裂する事故が発生していた。 -中央日報

その他[編集]

2005年6月28日、「忠武公・李舜臣」がイギリスポーツマスにて行われたトラファルガーの海戦200周年記念国際観艦式に招待された折、プレスセンター内にて同艦の取材を希望する記者の呼び出しをするイギリス海軍広報担当官が、艦名を読むことが出来なかったことがある[8]

脚注[編集]

  1. ^ 中央日報:【写真】韓国型駆逐艦「チェ・ヨン艦」が就役
  2. ^ ただし、アーレイ・バーク級においても、重心を降下させるため、マストや煙突にはアルミ合金を使用せざるを得なかった。
  3. ^ ターター-Dシステムに通常連接されるAN/SPS-52シリーズでは概ね400km程度、ターター-Dシステム搭載のNTU改修艦であるカリフォルニア級 / バージニア級原子力ミサイル巡洋艦キッド級ミサイル駆逐艦に搭載されるAN/SPS-48では概ね460km程度
  4. ^ 艦隊防空ミサイルを装備した防空艦であっても、コストなどの問題から3次元レーダーを装備せず、2次元レーダーのみを主要対空センサーとして用いている艦も存在する。
    例としてはアメリカのオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート、カナダのイロクォイ級ミサイル駆逐艦、オランダのヤコブ・ファン・ヘームスケルク級フリゲート(後の近代化改装でSMART-S 3次元レーダーを追加装備)、台湾の富陽級駆逐艦(旧米海軍ギアリング級武進三型改装適用艦のみ)と済陽級フリゲート(旧米海軍ノックス級改)等が挙げられる。
  5. ^ デーウー・オクポ工場で、進水直前の船台上の1番艦の写真を見ると既に搭載されているのが確認できる。
  6. ^ ROKS Wang Geon
  7. ^ chosun.com:송영선 "10년 안된 구축함서도 부품 돌려막기" - 1등 인터넷뉴스 조선닷컴
  8. ^ 軍事研究2006年4月号 P120-P121

外部リンク[編集]